荒川区|築40年の瓦屋根を葺き替えリフォーム

更新 公開

東京都荒川区のお客さまから、瓦屋根のリフォームに関するご相談をいただきました。 お客さま宅は築40年の戸建て住宅です。 瓦屋根の一部に欠けている部分もあり、そこから雨漏りが発生していました。 このまま放置してしまうと、さらに雨漏りがひどくなったり、雨漏りによって他の建材が傷んだり、住宅に悪影響を与えてしまいます。 今後、瓦屋根のメンテンナンスに困ることがなくなるよう、屋根全面の葺き替え工事をおこなう運びとなりました。 古い瓦屋根を金属屋根に葺き替えるとともに、下地材を新しいもので補強し、耐久性の高い美しい屋根へと仕上げていきます。

荒川区でおこなった瓦屋根の葺き替えリフォーム

BEFORE

現地調査 瓦屋根の様子

現地調査 瓦屋根の様子

東京都荒川区のお客さまから、雨漏りしている瓦屋根のリフォームについてご相談をいただきました。
ご相談をいただいた後、弊社担当者が現場調査に向かい、無料お見積りをおこないます。

写真はリフォーム工事前のお客さま宅の瓦屋根です。
瓦の一部が欠けてしまっており、そこから雨漏りが発生していました。
瓦屋根の雨漏りの場合、雨漏り箇所を部分的に補修する、という選択肢もあります。
しかし、築40年も経過していると、屋根の下地(野路板)が傷んでいることがほとんどです。
また、瓦の屋根はとても重さがあり、今後大きな地震が発生したときに、屋根が被災してしまう可能性もあります。
今後のメンテナンス性を考慮して、今回の機会に台風や地震といった自然災害に強い金属屋根へ葺き替え工事をおこなう運びとなりました。
古い瓦を撤去し、屋根の下地を補強した上で、新しい金属屋根材を張りつけていきます。

古い瓦の撤去

古い瓦の撤去

瓦屋根の葺き替え工事では、はじめに古い瓦を撤去します。
撤去した瓦は、産業廃棄物として中間処理場に持ち込み、処分いたします。
瓦を撤去すると、経年劣化した防水シートが見えてきます。
防水シートも新しいものに張り替えるため、取り外します。

下地補強 野路板の増し張り

下地補強 野路板の増し張り

次に野地板(のじいた)を増し張りし、屋根の下地を補強していきます。
写真は瓦を固定していた「桟木(さんぎ)」の上に、新しい野地板を増し張りしているところです。
テイガクでは「構造用合板」という合板を野地板として使用しています。
厚さは12mmの厚いものを採用しており、耐久性は抜群です。
これから野路板のうえに載る屋根材や防水シートをしっかり固定してくれます。

ルーフィングシートを張り付ける

ルーフィングシートを張り付ける

野地板を増し張り後、その上から新しいルーフィングシートを張り付けていきます。
ルーフィングシートは防水シートの役割を持つ建材です。
屋根材からしみ込んできた雨水から屋根の下地を守ります。
雨漏り防止のために、とても重要な部材です。
ルーフィングシートにはさまざまな種類があり、性質・耐久性・価格などが異なります。

今回は田島ルーフィングの「PカラーEX+(プラス)」を使用しました。
PカラーEX+はコストパフォーマンスの高い商品で、20年程の耐用年数があります。

ルーフィングシートは最終的に外から見えなくなる部分なので、新築やリフォームの際にあまり重視されないかたが多いです。
しかし、雨漏りを未然に防いでくれるとても重要な部材です。
これからリフォームをご検討されている方は、ぜひルーフィングシートの品質も確認するようにしましょう。

ルーフィングシートについて詳しくはこちら

金属屋根の張り付け

金属屋根の張り付け

いよいよ、屋根の本体である金属屋根を張り付けていきます。
今回、使用したのはアイジールーフの「スーパーガルテクト」です。
スーパーガルテクトはエスジーエル鋼板という、ガルバリウム鋼板をさらに改良した素材からできています。
そのため、屋根材としての耐久性は抜群です。
断熱材と一体となっており、断熱性や遮音性にも優れています。

瓦屋根の重さが平均40~60kg/㎡であるのに対し、金属屋根の重さは平均5kg/㎡です。
瓦屋根から金属屋根に葺き替えることで、家屋の重心がより低くなり、耐震性が上がります。

さらに、このスーパーガルテクトを「かん合式」と呼ばれる方式で取り付けます。
かん合式は、屋根材同士を引っ掛けあわせてから屋根に張り付ける施工方法です。
かん合で張り付けると屋根全体が一体化し、風で飛ばされにくくなるため、耐風性能が上がります。
地震や台風などの災害が多い地域にお住まいのかたに、ぜひお勧めしたい屋根材です。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

ステンレスビスで留めたケラバ板金の様子

ステンレスビスで留めたケラバ板金の様子

外壁から屋根が出っ張っている部分の、雨どいのついていない方を「ケラバ」といいます。
ケラバにはケラバ板金とよばれる特殊な板金を張り付けます。
ケラバは風の影響を受けやすい部分でもあります。
そのため、写真のように、釘よりも強固に固定できるステンレスのビスで留めます。

まれにケラバ板金を釘で留めたり、何も使わずに留めたりするリフォーム業者がいます。
風や振動に弱い留め方をしてしまうと、ケラバ板金がめくれたり、最悪の場合は飛ばされたりする恐れがあり、危険です。
リフォーム業者を選ぶ際は、工事価格だけでなく、工事品質も大切な要素となります。

ケラバについて詳しくはこちら

棟板金の取り付け

棟板金の取り付け

屋根面と屋根面がつながる箇所を棟(むね)とよびます。
この棟には棟板金(むねばんきん)とよばれる特別な板金を張り付けます。
こういった板金は住宅ごとに必要な長さが変わるため、職人さんが現場で板金を加工します。

棟板金も風でめくれたり飛ばされたりすることの多い建材です。
飛ばされないよう、棟板金にもステンレスのビスを取り付けて、しっかり固定します。

AFTER

築40年の瓦屋根葺き替えリフォーム工事完成です!

築40年の瓦屋根葺き替えリフォーム工事完成

東京都荒川区でおこなった、築40年の瓦屋根を金属屋根に葺き替えるリフォーム工事が完成しました!
スーパーガルテクトで葺いた屋根は、高い耐久性・断熱性・遮音性を誇ります。
とても軽量で屋根を支える下地を傷めにくく、耐震性・耐風性もある、災害に強い屋根に生まれ変わりました。
仕上がりの外観も見違えるほどに変わり、お客さまにも大変ご満足いただけたようでした。
荒川区周辺で屋根のリフォームをご検討のかたは、ぜひテイガクへご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

荒川区とその周辺の工事例

東京都荒川区でおこなったコロニアル屋根カバー工法と、棟板金の交換工事をご紹介します。 カバー工法(重ね葺き)とは、新しい金属屋根を古いコロニアル屋根の上に被せる工事方法です。 屋根の撤去費用を削減し、工期を短縮できるため…

場所:東京都荒川区 日付:2019年11月

荒川区で屋根修理、雨漏り修理、屋根のリフォームをご検討のお客様はテイガクにお問い合わせください。お客様のお住まいの屋根を定額制で修理・リフォームいたします。 東京都荒川区で屋根修理のご注文をいただきました。お問い合わせを…

場所:東京都荒川区 日付:2016年1月

文京区で雨漏り修理、屋根リフォーム工事業者をお探しのお客様はテイガクにお問い合わせください。 屋根の修繕・改修工事を定額制でご提供いたしております。 東京都文京区で屋根リフォーム工事のご相談をいただきました。既存屋根はコ…

場所:東京都文京区 日付:2015年10月

荒川区周辺の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

東京・埼玉工事センター

東京都荒川区でおこなった瓦屋根の葺き替えリフォーム施工例をご紹介いたしました。
テイガクは東京都杉並区、埼玉県川口市に拠点を構える屋根・外壁リフォーム専門の板金工事会社です。
工事はすべて弊社による直接工事です。
外注や紹介会社が挟むことがないため、定額&低額にて屋根工事をご提供しております。
荒川区で屋根・外壁のリフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクへお気軽にお問い合わせください。
現地調査からお見積りまではすべて無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 荒川区でおこなった瓦屋根の葺き替えリフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 築40年の瓦屋根葺き替えリフォーム工事完成です!
  3. 荒川区とその周辺の工事例
  4. 荒川区周辺の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!