NEWS お知らせ

・2021年8月より屋根工事価格を改定いたしました。

堺市西区|築25年のスレート葺き替え工事とシーリング打ち

更新 公開

大阪府堺市西区のお客さまから、屋根のメンテナンスについてご相談をいただきました。 今回ご相談いただいたお客さま宅の屋根材はスレート(コロニアル)です。 現場調査の結果、築後25年が経過していることもあり、スレート屋根全体に色あせ・色むらなどの劣化が見られ、外観への影響が出ていました。 このままメンテナンスをせずに放置してしまうと、さらに屋根材の劣化が進行して、ひび割れや欠けなどが発生する可能性がありました。 そのため、今後のメンテナンス性を考えて、スレート屋根の葺き替えリフォームをおこなう運びとなりました。 また、外壁のシーリング材が劣化していましたので、シーリング材の打ち替えも同時におこないました。

大阪府堺市でおこなったスレート屋根の葺き替えリフォーム

BEFORE

スレート屋根の経年劣化

スレート屋根の経年劣化

大阪府堺市のお客さまから、屋根メンテナンスについてのご相談をいただきました。
ご相談をいただいた後、日程調整をおこない、弊社担当者が現場調査に向かいます。

現場の屋根は築後25年が経過しており、スレート屋根全体に色むらや色あせなどの劣化症状が見られました。
すでに外観に影響が出ている状態です。
この状態を放置していると、ひび割れ、欠けなどが将来的に生じて、雨漏りやスレートのずれ、落下などの不具合がおこるおそれがあります。
雨漏りなどが生じれば、屋根以外の建材にも影響を及ぼしかねません。
そのため屋根本体を新しい屋根材に葺き替えて耐久性を上げる、屋根葺き替え工事をおこなう運びとなりました。

写真はお客さまとのご契約が進み、足場を設置した様子です。
足場設置は安全面と作業効率化のために欠かすことのできない工程です。
ちなみにテイガクでは足場も㎡単位のテイガク制で組み立てをおこなっております。
戸建て1棟あたり約20万円が平均の足場組立費用です。

古い屋根を取り外す

古い屋根を取り外す

足場を設置したら、屋根葺き替え工事のために古い屋根材を取り外していきます。
写真は既存の屋根材であるスレートを取り外したところです。
下にルーフィングシートと古い野地板が見えています。
野地板は屋根本体を支える下地材、ルーフィングシートは防水シートの役割を持つ建材です。
これらも劣化の度合いが大きく、屋根を支えたり雨水を防止したりする機能に不安が残る状態でした。
そのためどちらも新しいものに交換し、耐久性を高めていきます。

ビニールシートで一時的に養生

ビニールシートで一時的に養生

葺き替え工事には数日かかります。
古い屋根材をはがした翌日は雨模様でした。
もし屋根材をはがしたままの状態で雨が降れば、建材を傷めてしまうおそれがあります。
そのため工事途中で家屋を傷めることのないよう、状況に応じて養生をおこないます。

写真は古い屋根材をはがしたところをビニールシートで覆って養生した様子です。
すべての工程に万全を期して工事をおこないます。

野路板の張り付け

野路板の張り付け

無事晴れたところで、ビニールシートを取り外し、新規の野地板を張り付けていきます。
野地板は屋根本体を支える下地材の役割をはたしています。
もし野地板が腐食してしまうと、屋根材にも悪影響が及びます。
そのため、新しい野路板を張り付けて、補強していきます。

テイガクで使用する野地板は「構造用合板」と呼ばれるものです。
6、9、12mmのものがありますが、テイガクでは12mmの最も厚いものを使用しておりますので、強い下地が出来上がります。

ルーフィングシート張り付け

ルーフィングシート張り付け

新規の野地板で下地を補強したら、その上からルーフィングシートを張り付けていきます。
ルーフィングシートは防水シートの役割を持つ建材です。

屋根本体は1次防水、ルーフィングシートは2次防水とよびます。
1次防水ですべての雨水を防ぎきれればよいのですが、実際には四方八方から横なぐりの雨にさらされたりすると、1次防水ではふせぎきれず、雨水が漏れてきます。
その雨水を家屋に侵入しないようにする最後の砦とも言うべき建材が2次防水のルーフィングシートです。
そのため屋根の構造の中でも重要度の高い建材だといっても過言ではないのです。
しかし、最終的に外から見えなくなる部分であるため、あまり重視されないお客さまが多いのが現状です。
とても重要な建材ですので、ぜひお見積りの段階で注意して見ていただければと思います。

今回使用したルーフィングシートは、田島ルーフィングの「タディス・ホワイト」です。
改質アスファルトという耐久性の高い素材で作られており、20年ほどの耐用年数があります。

ルーフィングシートについて詳しくはこちら

金属屋根取り付け

金属屋根取り付け

ルーフィングシートを張り付けたら、その上から新規屋根材を張り付けていきます。
今回使用したのはアイジールーフの「スーパーガルテクト」です。
こちらの金属屋根材はガルバリウム鋼板をさらに改良したエスジーエル鋼板という金属からできています。
このエスジーエル鋼板は高耐久、高耐熱性が特徴で、長く安心してお住まいいただける屋根に仕上がります。
さらに特筆すべきはその軽さで、瓦屋根の重さが1㎡あたり約40~60kg、スレート屋根の重さが1㎡あたり約20kgであるのに対し、スーパーガルテクト製の屋根は1㎡あたり約5kgです。
この軽さにより、屋根を載せている建材を傷めないばかりか、家屋の重心が低くなるため耐震性も増します。
仕上がりもおしゃれですので、非常におすすめの屋根材です。

スーパーガルテクトについて詳しくはこちら

ケラバ板金の施工

ケラバ板金の施工

屋根の端部分をケラバといいます。
このケラバは屋根の切れ目であるため、強い雨が吹きつけると雨水が家屋に侵入してくるおそれがある部分です。
雨水の侵入を防ぐため、ケラバには「水切り板金」と呼ばれる雨漏りを防止する板金を取り付けます。
こういった板金は屋根の形にあわせて、現場で板金を加工します。
そのため、板金加工に熟練した板金職人が施工しなければいけません。

テイガクは板金工事会社ですので、板金加工は得意分野の1つです。
多くの経験豊富な職人さんが在籍していますので、安心して工事をお任せいただけます。

棟部分の施工

金属屋根材を張り付けたら、次に棟の施工をおこないます。
棟には棟板金(むねばんきん)とよばれる板金を取り付けます。

棟板金の下地を取り付けます。
この下地には木製のものが用いられることが多いです。
しかし、テイガクでは腐りにくい材質の下地を使用しています。

最後に棟板金の下地の上から「棟板金」を取り付け、屋根の工事が完成です。
引き続き、外壁のシーリングのメンテナンスもおこなっていきます。

劣化したシーリングの除去

劣化したシーリングの除去

建築において、屋根や外壁のような大きな部分だけでなく、シーリングなどの細かな部分も劣化していきます。

お客さま宅でも経年劣化により、シーリングに「ひび割れ」や「肉痩せ」などの症状がみられました。
「ひび割れ」はその名の通りシーリングがひび割れてくることで、これを放置しておくと、真ん中が切れる「破断」と呼ばれる不具合につながります。
「肉痩せ」はシーリングが痩せて細くなる現象で、最終的にはシーリングの「剥離」につながります。
どちらも放置しておくと劣化した部分から雨水などが侵入し、住宅を劣化させる原因となってしまいます。

写真は劣化したシーリングを1度きれいに撤去したところです。
シーリング材が外壁につかないようにテープによる養生もおこなっております。

シーリング打ち

シーリング打ち

古いシーリング材を撤去し、新しいシーリング材を充填した様子です。
この工程により防水性や柔軟性をしっかり確保できます。

笠木接合部分にもシーリング打ち

笠木接合部分にもシーリング打ち

ベランダにある手摺の笠木部分接合部にもシーリングの打ち替えをしました。
テイガクの工事では細かいところも見逃さず、丁寧にメンテナンスしていきます。

以上でメンテナンスの全工程が終了です。
テイガクは屋根だけでなく、外壁などのメンテナンスも得意な会社です。
熟練の職人さん達が確かなメンテナンスをおこないます。

屋根・外壁のことでお困りのことがございましたら、ぜひテイガクへご相談ください。
現場調査からお見積りまでは無料でおこなっております。

AFTER

堺市西区の屋根葺き替え工事&外壁メンテナンスが完成しました!

堺市西区の屋根葺き替え工事&外壁メンテナンスが完成

堺市西区のお客さま宅スレート屋根の葺き替え・外壁メンテナンスが完成しました。
細かな部分までしっかり施工し、今後数十年雨漏りに悩まされることのない屋根が出来上がりました。
お客さまには仕上がりのおしゃれな外観にも大変ご満足いただけたようでした。
堺市で屋根・外壁のリフォームをご検討されている方は、ぜひテイガクにお問い合わせください。

堺市のその他工事例

大阪府堺市で行ったリフォーム工事ご紹介いたします。 テイガクは大阪府堺市北区に営業所と資材倉庫を有した工事会社です。 堺市で屋根リフォーム業者をお探しのお客様はテイガクにお任せください。 お見積りは無料です。 大阪府堺市…

場所:大阪府堺市 日付:2018年1月

大阪府堺市南区にお住まいのお客さまから、瓦屋根の葺き替えリフォームに関するご相談をお受けしました。 現場は築後36年が経過する陶器瓦の屋根です。 2018年に関西近辺で猛威をふるった台風21号により屋根が被災し、瓦の大部…

場所:大阪府堺市南区 日付:2020年1月

大阪府堺市南区にお住まいのお客様から、日本瓦屋根の葺き替えリフォームに関するご相談をお受けしました。 現場の瓦屋根には、2018年に関西圏を襲った台風21号による被害で、ひび割れや欠けが発生していました。 被害を受けた直…

場所:大阪府堺市南区 日付:2019年10月

堺市の屋根リフォーム、外壁リフォームはテイガクにお任せください!

テイガク屋根修理 大阪工事センター 外観

堺市西区でおこなった屋根・外壁リフォームの施工例をご紹介いたしました。
テイガクは大阪府堺市、兵庫県伊丹市に工事拠点を構える、板金工事会社です。
金属屋根や金属サイディングといった板金加工を必要とする屋根・外壁のリフォームを得意としています。
お客さまと直接契約をおこない、弊社が直接工事をおこないます。
お客さまとの間に紹介会社や仲介会社を挟まないため、定額制で工事をご提供しております。
ぜひ、堺市で屋根・外壁のリフォームをご検討されている方は、テイガクへご相談ください。
現場調査からお見積りまでは、すべて無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 大阪府堺市でおこなったスレート屋根の葺き替えリフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 堺市西区の屋根葺き替え工事&外壁メンテナンスが完成しました!
  3. 堺市のその他工事例
  4. 堺市の屋根リフォーム、外壁リフォームはテイガクにお任せください!