千葉市花見川区|築28年の屋根と外壁をカバー工法でリフォーム

更新 公開

千葉県千葉市花見川区のお客さまから、屋根と外壁のメンテナンスに関するご相談をいただきました。 今回のお客さま宅は築28年が経過している一戸建て住宅です。 これまで1度もリフォームをおこなわれたことがないとのことでした。 現地調査をおこなった結果、屋根材にはスレート(コロニアル)が使われていました。 スレートは経年劣化によって、全面に色むらや色あせが見られ、さらに苔も付着していました。 また、屋根だけでなく外壁の汚れもかなり目立っており、全体的に劣化した印象を感じさせる外観になってしまっています。 こういった経年劣化を放置してしまうと、雨漏りの危険性や建材の耐久性を縮めることにつながります。 そのため、今回は屋根と外壁を同時にカバー工法でリフォームする運びとなりました。

千葉市花見川区でおこなったスレート屋根のカバー工法リフォーム

BEFORE

現地調査 (1)お客さま宅の外観

現地調査 (1)お客さま宅の外観

千葉市花見川区のお客さまから、屋根と外壁のメンテナンスについてご相談をいただきました。
弊社の担当者が現場調査に向かい、無料で御見積書を発行いたします。
写真はお客さま宅の工事前の外観です。
築28年が経過しており、1度もリフォームされたことがないとのことでした。
屋根と外壁のところどころに経年劣化による色あせ、汚れなどが目立ちます。

現地調査 (2)屋根の状態

現地調査 (2)屋根の状態

写真は屋根をより近くから写したものです。
色あせ、色むらだけでなく、スレート同士のすき間には苔が生えているのが確認できます。
見た目にかなりの影響を及ぼしてします。
また、この劣化状態を放置していると将来的に雨漏りが生じる可能性もあります。

現場調査 (3)外壁と屋根の取り合い部の状態

現場調査 (3)外壁と屋根の取り合い部の状態

外壁と屋根の取り合い部(つながる部分)をより近くから写した写真です。
外壁にも長年の劣化で生じた汚れが目立ちます。

現場調査 (4)外壁の状態

現場調査 (4)外壁の状態

既存の外壁は「直張り(じかばり)」という方法で張られていました。
「直張り」とは、下地材の上に外壁材を直に張り付ける方法です。
下地材と外壁材の間に通気層がないため、湿気がこもりやすく、内部で結露が生じやすくなります。
お客さま宅の外壁も内部に湿気がたまっていたため、写真のように外壁材に膨れている部分がありました。

外壁のメンテナンスには、塗装という手段もあります。
しかし、既存の外壁が直張りの場合、塗装によるメンテナンスはあまりおすすめしません。
通気層が確保できないという根本的な原因が解決できないからです。
それに対し「外壁カバー工法」でメンテナンスをすれば、通気層が確保でき、外観も新しくなります。
そのため、今回は屋根のリフォームと併せて、外壁カバー工法による外壁リフォームもおこなう運びになりました。

直張りサイディングに外壁塗装ができない理由について詳しくはこちら

工事開始 足場の組み立て

工事開始 足場の組み立て

現場調査と無料お見積りの結果、お客さまとの契約まで進みましたら工事開始です。
まずは安全な作業のため、足場を設置します。
お客さま宅のお庭にはたくさんの植物がありましたので、傷めないように気をつけ、足場をかけました。
テイガクではお客さま宅や近隣の状況に十分配慮して、足場の組み立て・リフォームをおこないます。

外壁工事 胴縁の取り付け

外壁工事 胴縁の取り付け

外壁カバー工法による外壁リフォームをはじめます。
古い外壁の上から新しい外壁でカバーするので、古い外壁の回りに付いている電機ボックス、ガス設備、雨どいなどを一旦、取り外します。
次に、写真のように「胴縁(どうぶち)」と呼ばれる建材を取り付けていきます。
「胴縁」を取り付けることで、古い外壁と新しい外壁の間に通気層ができます。
この通気層があれば、外壁の内部にこもりがちな湿気をうまく外に逃がすことが、結露による外壁の不具合を起こしにくくなります。
仕上がりが縦張りサイディングであれば横に、横張りサイディングであれば縦に胴縁を取り付けます。
今回は仕上がりが横張りサイディングであるため、取り付けるのは縦胴縁です。
縦胴縁は横胴縁よりも空気や水を排出しやすいという特徴があります。

金属サイディングの取り付け

金属サイディングの取り付け

胴縁を取り付けたら、その上から新しい金属サイディングを取り付けていきます。
今回、上から張り付けたのは「横張りサイディング」です。
(お客さまのご希望により、縦張りサイディングを選択することもできます)
縦張りサイディングと横張りサイディングでは、デザインや価格、特徴が変わります。

縦張りサイディングと横張りサイディングの違いについて詳しくはこちら

弊社では横張り、縦張りどちらも工事対応可能です。
ご安心してご相談ください。

金属サイディングの取り付け 外壁材について

金属サイディングの取り付け 外壁材について

今回、金属サイディングを2パターンで張り分けました。
使用したのはアイジー工業の「シャドーライン」と「モンターニュ」です。
お色はそれぞれメルティショコラとベージュです。
外壁カバー工法ではこのように、お客さま好みに外壁のデザインを変更することができます。

どちらもガルバリウム鋼板からできており、耐久性は抜群です。
表面には遮熱性フッ素樹脂が塗装されており、変退色10年保証、穴あき・赤さび10年保証も付いているため、長期間美しい外観を維持できます。

金属サイディングについて詳しくはこちら

シーリングの充填

シーリングの充填

金属サイディングの一部には、シーリングを使ってすき間を埋める箇所があります。
写真はシーリングの養生をおこなったところです。
目立たないように、同色のシーリングですき間を埋めます。

玄関部のサイディング加工

玄関部のサイディング加工

写真のように、玄関はアーチ状になっていました。
このような部分にサイディングを張り付けるには、現場で板金工が金属サイディングの加工をおこなう必要があります。
つまり、施工会社によって大きく仕上がりに差が出る部分です。
テイガクは板金工事会社のため、施工に慣れた熟練の板金工が多数在籍しております。
複雑な形状の金属サイディング加工も、写真のように丁寧に仕上げます。

AFTER

千葉市花見川区でおこなった、屋根と外壁のカバー工法リフォーム工事完成です!

千葉市花見川区でおこなった、屋根と外壁のカバー工法リフォーム工事完成

千葉市花見区でおこなった、屋根と外壁のカバー工法リフォームが完成しました。
2種類の金属サイディングで仕上げた外壁は、非常におしゃれで、耐久性も高い外壁に生まれ変わりました。
新しい外壁には通気層も設けられたことで、湿気がこもりにくく、断熱性、遮音性にも優れています。

また、屋根のリフォームはアイジー工業の「スーパーガルテクト」でカバー工法をおこないました。
金属屋根と金属サイディングの組み合わせにより、調和のとれた美しい外観に仕上がりました。

千葉市で屋根・外壁のリフォームをご検討の方は、ぜひテイガクにお問い合わせください。
現地調査からお見積りまではすべて無料で承っております。

千葉市のその他工事例

千葉市花見川区でトタン屋根の葺き替え、雨漏り修理はテイガクにお任せください。 定額制で金属屋根のリフォーム工事を承ります。 千葉県千葉市花見川区で行った雨漏り屋根の修理工事例をご案内いたします。雨漏りのあった屋根はトタン…

場所:千葉市花見川区 日付:2017年5月

千葉市稲毛区のお客さまから、雨漏りに関するご相談をいただきました。 現場の屋根に使用されている屋根材はスレート(コロニアル)で、天窓が4つある作りをしていました。 天窓には「採光できる」「外観がよくなる」などのメリットが…

場所:千葉県千葉市稲毛区 日付:2020年12月

千葉県千葉市における屋根修理工事・屋根リフォームはテイガクで。ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法、雨漏り等の屋根の関するお客様のご不安を迅速に解決いたします。 千葉県千葉市でお客様から屋根リフォームのご相談ご依頼を受け、…

場所:千葉県千葉市 日付:2015年10月

千葉市周辺の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!

千葉工事センター

テキストテキストテキ千葉県千葉市花見区でおこなった屋根・外壁カバー工法リフォームの施工例をご紹介いたしました。
弊社は屋根や外壁のリフォームを専門とする板金工事会社です。
金属屋根や金属サイディングを用いるリフォームはもっとも得意とする工事です。
さらに、工事はすべて弊社が直接工事しており、紹介会社や仲介会社が間に入ることもありません。
ご安心して工事をお任せください。

千葉市にはテイガクの工事拠点「千葉工事センター」があります。
そのため、現地調査や工事がスムーズにご対応可能です。
屋根・外壁についてお困りごとがありましたら、お気軽にテイガクにご相談ください。
現地調査からお見積りまでは無料で承っております。

この記事を書いた人
著者 前川 祐介
前川 祐介 テイガク サイト制作責任者
宅地建物取引士
著者経歴

大阪府堺市生まれ。船橋東高校→法政大学→サノフィ(旧アベンティスファーマ)株式会社を経て、父親が経営する板金工事会社である昭和ルーフリモ株式会社へ入社。年間100棟以上の屋根と外壁工事に携わった経験を活かし、テイガク屋根修理の記事を執筆しています。

運営会社

昭和ルーフリモ株式会社は2001年設立の板金工事会社です。
これまでの金属屋根と金属サイディング工事件数の合計は10,000棟を超えます。

国土交通大臣許可(般-25)第22950号
許可を受けた建設業:板金工事業/屋根工事業/塗装工事業 他

トップへ戻る
  1. 千葉市花見川区でおこなったスレート屋根のカバー工法リフォーム
    1. BEFORE
    2. AFTER
  2. 千葉市花見川区でおこなった、屋根と外壁のカバー工法リフォーム工事完成です!
  3. 千葉市のその他工事例
  4. 千葉市周辺の屋根・外壁リフォームはテイガクにお任せください!