目次

1.川崎 雨漏り 修理で調べると、、
2.直接工事の会社に発注するのが、今の新常識
3.直接工事を行う会社の見分け方
4.川崎市は最も職人の人件費が高い
5.定額屋根修理による屋根リフォームの強み
6.川崎市に多い屋根工事事例
7.川崎市地震ハザードマップと助成金制度
8.屋根の軽量化は耐震工事
9.川崎市の屋根リフォームは定額屋根修理で

このページは川崎市もしくは川崎市周辺地域にお住まいのお客様向けに作成したページです。
定額屋根修理のご紹介と合わせて、川崎市の耐震診断・改修の補助金もご案内させていただきます。
雨漏り修理や経年劣化した屋根リフォーム工事をご検討されているお客様の参考になれば嬉しいです。

川崎市の屋根リフォームは定額屋根修理で

1.川崎 雨漏り 修理で調べると、、

一昔前までは住宅を建築したハウスメーカーや不動産会社、川崎市内のリフォーム会社に屋根の工事を依頼するのが慣例でした。
その後、ホームセンターや家電量販店などの異業種がリフォーム業界に参入し始めます。
実際、川崎市近郊のホームセンターでは必ずリフォーム相談コーナーなどを設けているはずです。
そして、現在はネットを活用して屋根のリフォーム会社を選定するのが当たり前の時代になりました。
最近では、「通販サイトを運営している楽天」や「ゲーム制作会社のグリー」までもがネット上でリフォーム事業を立ち上げています。

川崎市 雨漏り 修理

グーグルやヤフーなどの検索サイトで「川崎市 雨漏り修理」などの検索ワードでリフォーム工事会社をお探しのお客様が多いと思います。
お客様が屋根の工事会社を検索した動機は「安い工事費用で、高い品質の屋根リフォームを提供できる信頼のある会社」探しであるはずです。
それにもかかわらず、実際に検索サイトで表示される会社の多くは工事費用や工事品質提供を担保できる情報提供を行っていないように感じられます。
どのホームページも似たり寄ったりのアナウンスばかりではないでしょうか。
なぜなら、インターネットで集客する会社の多くが仲介や紹介で成り立っているからです。
仲介業を主としている会社に依頼することはお客様本来の目的である「安い工事費用で、高い品質の屋根リフォームを提供できる信頼のある会社」探しを実現することができません。

言うまでもなく、見積り一括サイトや大手のハウスメーカー、ホームセンター、楽天などは仲介会社です。
総合リフォーム会社や火災保険を中心にした会社も独自に屋根資材や職人を管理できるはずはありません。

ネット上で屋根に関する情報を私たちは簡単に入手できるようになりました。
だからこそ、検索の本来の目的を見失わず、正しく情報を識別するリテラシーが求められます。

屋根修理会社を見つけるポイント

2.直接工事の会社に発注するのが、今の新常識

お客様本来の目的を実現するには直接施工の工事会社に依頼することが前提条件になります。
直接施工の会社に発注する大きなメリットが3点あります。

2-1.工事費用が安くなる

仲介や紹介を中心に運営しているリフォーム会社は仲介手数料や紹介料が経営資源になります。
仲介業者は実際に屋根にのぼって必要材料を積算して発注し、屋根を修繕することはありません。
仲介手数料はお客様が支払う工事費に上積みされることになります。
もちろん直接工事の会社であれば中間マージンは発生しないため工事費が安くなります。

2-2.緊急時に対処できる

川崎の駅前にあるリフォーム会社であるから安心だと結論づけることは間違いです。
お客様の屋根が台風や地震で被災にあった緊急時、仲介業者であれば連絡をしても速やかな応対ができません。
例えばその場で、いつ屋根の現場に行けるか、工事日はいつになるかなどの即答ができません。
また、間に人が介在しているので、意思の疎通がうまくいかないリスクも考えられます。
直接工事の会社であれば速やかに屋根資材の発注し、お客様宅に職人を配置することができます。
店舗が近くにあるからといって近くに仲介業者の下請け会社があるとは限りません。
最初から直接工事の会社を見つけ、その会社の所在地が確認できることに大きな価値があります。

2-3.品質の高い工事

仲介業者は総合的な建築知識、もしくはズバ抜けた営業力が備わっています。
1級建築士の肩書や言葉巧みな話術などでお客様を引き込むことでしょう。
ところが、屋根だけに特化した専門知識を問われた場合に適切な答えが返ってくるでしょうか?
屋根の現場だけに携わってきた現場監督と職人の知識や経験には及ばないはずです。
屋根を専門に工事を行う会社だからこそ、適切な工事方法がお客様にご提案できるのです。

屋根は直接工事の会社に依頼する時代です

3.直接工事を行う会社の見分け方

直接工事の会社を見分けることは極めて難しいのが事実です。
直接工事でないにもかかわらず、直接工事を装っている会社もあるかもしれません。
見極めるための重要なポイントは資材を管理する倉庫があるかどうかになります。
ケース入りで発注した屋根材を1つの現場でピッタリ使い切ることは不可能であり、在庫として保管する倉庫が必要です。
また、大量に屋根材を仕入れることができれば低価格の屋根工事がお客様にご提供できます。
言い換えれば、直接施工を行う会社を見つけることは、屋根材を保管するための倉庫の有無を確認することに他なりません。
直接、屋根資材倉庫を確認することがベストですが、そのためだけに足を運ぶのは難しいでしょう。
グーグルマップなどで倉庫の有り無しを確認することをおすすめいたします。
(稀にグーグルマップで表示されない場所に拠点を設けている会社があるので、ご注意ください。)

屋根リフォーム会社の倉庫

4.川崎市は最も職人の人件費が高い

残念な話ですが、川崎市は最も建築現場の人件費が日本で最も高い地域です。
横浜市と23区に挟まれているため、川崎市内で建築業を営むことが難しいのが現状です。
しかし、悲観はしないでください。
定額屋根修理は工事価格をホームページで明記しており、表記価格以下の値段で屋根の工事資材や屋根職人を手配いたします。

川崎市の建築人件費は日本で一番高い

5.定額屋根修理による屋根リフォームサービス

5-1.自社倉庫のある屋根専門工事会社

定額屋根修理はお客様と直接契約し、直接施工で屋根の工事をご提供する会社です。
埼玉県川口市と千葉県市川市に工事センターがあります。
川口市の工事センターでは約200坪の倉庫で屋根と外壁資材を管理しています。

自社倉庫のある屋根専門工事会社

5-2.工事価格は定額かつ低額

屋根の工事単価を定額制で示し、提示した金額以下で必ず工事を請け負います。
定額制で屋根工事を請け負うことができる理由は、弊社が大手リフォーム会社からあらかじめ決められた金額で下請け受注していた会社だからです。
受注先を大手リフォーム会社から末端発注者であるお客様にシフトすることで成長した会社です。
お客様は下請け価格で工事が受注できる仕組みです。
そのため工事価格は定額かつ低額です。

工事価格は定額かつ低額

5-3.川崎市までは車で45分

定額屋根修理の本社と営業所は杉並区高円寺にあります。
杉並区から川崎市までは世田谷区を挟んで車で45分あれば到着します。
川口市にある工事センターからは高速を利用すれば1時間で到着します。
屋根資材と屋根職人を常時管理しているから、緊急時でも速やかな応対ができます。

川崎市までは車で40分

5-4.外壁工事も得意

屋根と外壁工事はセットで注文すると足場を共同利用できるからお得です。
実際、屋根と外壁工事の同時リフォームをご希望されるお客様がたくさんいます。
定額屋根修理は板金工事を専門にして成長した会社です。
板金は屋根だけではなく、外壁にも用いられます。
金属サイディングと呼ばれており、金属建材メーカーのカタログは屋根よりも外壁材が全体の80%を占められているほどです。
もちろん、塗装によるリフォームをご希望されるお客様もたくさんいます。
屋根だけではなく外壁工事も請け負う工事会社でなければお客様からの満足を得ることができません。
このような背景から、定額屋根修理では塗装職人やサイディング職人も自社で手配して直接工事を承っております。
【実例写真38枚】屋根工事と外壁塗装のリフォーム会社

外壁工事も得意

6.川崎市に多い屋根工事事例

屋根の改修は、住宅や工場の屋根共に金属製品で葺くことが現在の主流です。
金属屋根の工事は建設業の許可における「屋根工事業」であり、「板金工事業」にも該当します。
一般的に「屋根工事業」は日本瓦屋根を示すことが多く、金属屋根とは工事内容や必要技術が全く異なります。
屋根のリフォームは板金工事を得意とする会社にご相談ください。

 

6-1.川崎市の住宅で多い屋根工事

川崎市ではコロニアルを中心としたスレート瓦の屋根がたくさんあります。
商品にもよりますが、コロニアルは建築後約30年をを過ぎると屋根本来の機能が低下し、リフォームの必要性が高まります。
コロニアルは既存屋根の上に金属屋根を重ねて葺く「屋根カバー工法」によるリフォームが大多数を占めます。
日本瓦などの陶器瓦では金属屋根への葺き替えが推奨されています。
特に、S56年以前(旧耐震基準)に建築された日本瓦屋根は耐震性能が劣るので、軽量である金属屋根への葺き替えを早期にご検討ください。e1234235

6-2.工場や倉庫などの大規模金築物の屋根工事

京浜工業地帯に位置する川崎市の海岸部では工場や倉庫などの大規模建築物が多い地域です。
建築後40年、50年が経過し、屋根の改修工事が必要な建物が増加傾向にあります。
工場で使用される代表的な屋根材である折半屋根も金属製です。
住宅と同様、金属屋根工事に精通した会社に改修工事のご相談をしてください。

235346

6-3.定額屋根修理の工事事例

定額屋根修理で施工した屋根リフォーム工事事例をご紹介いたします。
川崎市は川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区、全域に施工対応しており施工実績も多数ございます。


川崎 屋根カバー工法川崎市川崎区のパミールのリフォーム

神奈川県川崎市川崎区にお住まいのお客様から屋根リフォームに関するお問い合わせをいただきました。
既存の屋根はニチハ株式会社のパミールです。
パミールはアスベスト規制直後に販売開始された代表的なノンアスベストの屋根です。
続きを読む

dscf8196-350x240川崎市多摩区 日本瓦と瓦棒のリフォーム

神奈川県川崎市でお客様のご依頼を受け、屋根のリフォームをいたしました。
お施主様の知り合いである設計事務所から屋根材を軽量化することで、大幅に耐震性が向上するという話を聞いたので、屋根の専門会社を探していたところ、当社の定額制の分かりやすさから、一度お見積もりのご相談をいただきました。
続きを読む


dscf8298-350x240川崎市高津区 増築による屋根と壁の新設工事

川崎市で増築工事の現場があり、屋根と壁の工事、防水工事を施工させていただきました。お客様がガルバリウム鋼板を用いた屋根と壁の利用を強く希望されていたこともあり、地元のリフォーム会社様からお客様をご紹介いただきました。
ガルバリウム鋼板の施工は専門性がある工事ですので、今回のように住宅メーカー様や工務店様と協力して部分的な工事をいただくことがございます。続きを読む


img_0084-350x240川崎市麻生区 日本瓦からガルバリウム鋼板屋根の施工

川崎市で屋根の修理・リフォームのご依頼をいただきました。既存の屋根は日本和瓦の屋根で、経年劣化、地震等による影響等を懸念され、屋根リフォームに関するご相談をいただきました。きっかけは、インターネットによる検索です。いくつかの屋根修理業者さんからお見積もりを作成していただき、相見積もりの結果、最終的に当社でご発注をいただくことになりました。続きを読む


川崎市宮前区 屋根葺き替えと外壁塗装工事

神奈川県川崎市宮前区でアパートを所有するお客様から屋根と外壁のリフォーム工事に関するご相談をいただきました。
工事のきっかけは雨漏りです。
定額屋根修理ではアパートなどの集合住宅の雨漏り修理工事も数多く行っています。
今回の事例のように屋根の修理に合わせて外壁塗装工事も承っています。
川崎市でアパートの屋根や外壁の修理工事は定額屋根修理にお任せください。
お見積りは無料です。続きを読む

7.川崎市地震ハザードマップと助成金制度

阪神・淡路大震災や東日本大震災、そして最近では2016年4月に発生した熊本県地震などにより、多くの戸建て住宅が損壊しました。
地震による災害と屋根の重さなどは強い関連性があり、建物の耐震性向上への関心が高まっています。
川崎市ではこれから起こりうる地震に備えるため、耐震の「診断」と「改修工事」の助成・補助金制度を定めています。
また、川崎市では地震被害予測や避難計画などの「ハザードマップ」を作成し公開しています。
※2016年11月情報です

7-1.川崎市 木造住宅耐震診断士派遣制度

川崎市が耐震診断士(建築士)を派遣し、耐震診断を実施いたします。
費用は無料です。
全国的にみても診断費用が無料である自治体は珍しいです。
積極的に活用してください。
尚、診断士の派遣には要件があります。
詳細は川崎市の担当部署にお問い合わせ下さい。

診断費用
無料

川崎市 まちづくり局指導部建築管理課 耐震化支援担当
電話:044-200-3017

7-2.川崎市 木造住宅耐震改修助成制度

耐震改修工事を行う時に、川崎市が費用の一部を助成する制度です。
補助金の対象となる住宅は昭和56年5月末日以前の2階建て以下の木造住宅です。
改修方法は「建物全体の改修」と「部分改修」の2つに分かれており、それぞれ助成金額が異なります。

・建物全体を改修する場合は建物全体の上部構造評点が1.0以上へ判定される必要があります。
・部分改修の場合は建物の1階の上部構造評点1.0以上もしくは建物全体を0.7以上へ判定される必要あります。

構造評点のは耐震診断士(建築士)の診断や設計計画を元に評定されます。
設計業者は登録事業者、施工業者は登録事業者かつ川崎市内の業者のみ、設計並びに工事の受注ができます。
したがって、定額屋根修理が川崎市内の事業者ではないため、残念ながら補助金を利用する場合の工事を請け負うことができません。

助成金額は全国と比較してかなり厚遇されています。
また、課税状況により助成される金額も異なります。
詳細は川崎市の担当部署にお問い合わせ下さい。

一般世帯 建物全体の改修
診断・補強・工事にかかった費用の3分の2 (上限100万円)
一般世帯 部分改修
診断・補強・工事にかかった費用の3分の2 (上限100万円)

 

上部構造評点
1.0以上 建物が一応倒壊しない
0.7以上 建物が倒壊する可能性がある
0.7未満 建物が倒壊する可能性が高い

川崎市 まちづくり局指導部建築管理課 耐震化支援担当
電話:044-200-3017

23453464567

8.屋根の軽量化は耐震工事

住宅の耐震性能を向上させる方法は主に4つあります。
「基礎の補強」、「接合部の補強」、「壁の補強」そして「屋根の軽量化」です。
参考:木造住宅耐震補強事例集
屋根の重さは地震力の増大と深い関連性があります。
重い日本瓦や陶器瓦を葺き替えによって軽量化することは耐震改修工事になります。
具体的には、日本瓦をガルバリウム鋼板などの金属屋根に葺き替えることです。
尚、既存の屋根がコロニアルや瓦棒の場合は対象になることはありません。
屋根軽量化工事は優先順位は高いにも関わらず、補強費用が最も高額です。
しかし、屋根瓦の耐用年数が過ぎていたり、劣化・損傷が激しい状態を放置していると、地震による影響だけではなく、台風による瓦の飛散や雨漏りなどを引き起こす原因になります。
屋根の寿命にあわせて工事に踏み切るよう、優先工事項目として認識することも大切です。

20160523_100023

9.川崎市の屋根リフォームは定額屋根修理で

下記に、定額屋根修理の強みをまとめました。

・拠点が杉並区と川口市、市川市にある直接工事を行う屋根修理専門の工事会社です。

川崎市は弊社の営業所から45分圏内です。万が一のトラブルも迅速な対応ができます。

工事は低額&定額制です。

・プロによる診断・提案なので、高い品質の工事をご提供いたします。

・押し売りなどは一切排除した、スマートな営業スタイルです。

・塗装やサイディングなどの外壁工事も行っています

定額屋根修理は今後起こりうる、震災や台風、雨漏り等のご不安を解消する専門パートナーとして、お客様との信頼関係を築き上げることをお約束いたします。

hiyoubana