屋根のリフォームで最も多い、コロニアル屋根のカバー工法と施工の流れについて解説いたします。

目次

1.屋根カバー工法とは
2.結局 屋根カバー工法は良いのか 悪いのか
3.コロニアルメーカーが提供するカバー工法専用屋根材
4.メリット
5.デメリット
6.事前確認のポイント
7.おすすめしないケース
8.屋根カバー工法の流れ 工事方法
9.メンテナンス
10.カバー工法の費用 工事価格
11.定額屋根修理  事例一覧

 

1.屋根カバー工法(屋根重ね葺き)とは

wqww

スタンダードなリフォーム方法

戸建て住宅で最も使用されているコロニアル素材の屋根。
コロニアル屋根材は軽量で初期費用が安いこともあるため、高度成長期の日本で急速に普及しました。
しかし、色あせによる美観のために10年に1度は塗装工事が必要であり、30年を過ぎると塗膜がのらなくなることで張り替えの必要性が出てきます。
既存のコロニアルを剥がして張り替える方法もありますが、剥がす手間やアスベスト含有屋根材の処分費などで高額な費用となります。
そこで、現在最もスタンダードな屋根リフォームと方法して認知されているのが、既存のコロニアルに軽量金属屋根材(ガルバリウム鋼板)を上に張る 屋根カバー工法 です。
その他には樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦、もしくは自然石粒仕上げ屋根材を用いて重ね葺きする方法がございます。
その名の通り、既存のコロニアル屋根材の上から、ガルバリウム鋼板などの金属屋根材を上から重ね葺き(重ね張り)する方法です。
結果、屋根は2重になります。

2.結局 屋根カバー工法は良いのか 悪いのか

コロニアルカバー工法

否定をしているのは火災保険申請代行会社だけ

最近、お客様から「屋根カバー工法は良くないのでしょうか」とご相談をいただくことがございます。
結論を申し上げると、定額屋根修理ではご予算のあるお客様には「葺き替え」をおすすめしております。
屋根を葺き替えで新しくすることがベストであることは言うまでもございません。
しかしながら、屋根の修理費用はとても高額です。
葺き替えリフォームになると100万円から200万円に及ぶこともございます。

コストパフォーマンスや工期、アスベストの影響など、トータルで考慮した場合、定額屋根修理では屋根 カバー工法 をおすすめいたしております。
もちろん、これまで数多くの屋根カバー工法による屋根リフォームを手掛け、多くのお客様にご満足いただいています。
中には屋根カバー工法をおすすめしない会社さんがあります。
それは火災保険代行申請と屋根工事をセットで請け負う、火災保険申請代行会社です。
保険金を支払う保険会社は被災箇所だけを修繕する工事費用しか支払いません。
つまり、カバー工法による費用負担は認めません。
火災保険代行申請会社の多くは、保険会社から支払われた金額(実質0円)で屋根修理を行う会社です。
ですので、火災保険申請代行会社は屋根カバー工法を可能な限り否定いたします。
屋根カバー工法は経済産業省管轄の住宅産業協議会でも、屋根メンテナンスの方法として認めれた工法です。

3.コロニアルメーカーが提供するカバー工法専用屋根材

ルーガ 屋根

ルーガ(ROOGA)

コロニアルメーカーとはケイミュー株式会社(旧クボタ松下電工外装株式会社)、屋根建材で圧倒的なシェアを誇る業界トップのメーカーです。

これまで、コロニアルメーカーは、カバー工法を反対する立場でした。
自社製品を葺き替えてもらうことの方が有益になるからです。
しかしながら、軽量金属屋根のカバー工法による屋根リフォームが広く普及し、スタンダードなリフォーム方法として確立されました。
ケイミュー株式会社も、現在は屋根カバー工法の有用性を認め、自ら屋根カバー工法専用の屋根材を製造・販売するまでにいたっております。
樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦、ルーガ(ROOGA)です。

屋根カバー工法はお客様にさまざまな点で恩恵があります。
多くの会社、機関から支持されているリフォーム方法なのです。

カバー工法を推奨している会社・機関(ごく一部のご紹介です)

■大手リフォーム会社

積水ハウスリフォーム株式会社  ・トヨタホームリフォーム株式会社  ・ダイワハウスリフォーム株式会社

■コロニアル製造会社

ケイミュー株式会社

■金属屋根瓦製造会社

ニチハ株式会社

■第三者機関 その他

住宅産業協議会  ・一般社団法人 日本金属屋根協会  ・一般社団法人 日本屋根診断士協会   ・オールアバウト

4.メリット

コロニアル 屋根カバー工法 メリット

既存屋根材の撤去がないため、撤去費用を節約することができます

屋根材を撤去する人件費や廃材処理費もかからないので、工事費用を安く抑えることができます。

屋根材が2重になるため、断熱、防音性、防水性が向上します

ガルバリウム屋根材の問題点である雨音。ガルバリウム屋根材の厚さと既存スレートの厚さで雨音は軽減できます。

工期が短くてすみます

撤去・養生をする必要がないので通常施工日数より2日~4日短縮されます。(葺き替えの約半分)

アスベスト対策にもなる

2004年(平成16年以前)以前、屋根のスレート材料は、石綿(アスベスト)が使用されていて、
癌(特に肺がん)を誘発するとして、現在は使用・製造・販売が禁止になっています。
アスベストの処理には特別な資格が必要な上、多額の処分費用も必要になります。
アスベストが近隣に飛散、拡散しないような対策(養生)も必要です。
もちろん、壊さずにそのままであれば、アスベストが飛び散る事はありません。

5.デメリット

屋根 カバー工法 デメリット

屋根が少し重くなります

カバー工法で一番気になるのは屋根の重量です。
カバー工法は既存の屋根の上にもう1枚屋根を設置することになりますので、屋根が重くなります。
(但し、金属屋根材はとても軽量です 5kg/㎡)一般的なコロニアル屋根に金属屋根材でカバー工法を行った場合、重量は約23~26kg/㎡になります。
構造体の安全率もありますので全体の加重増加では問題ないかと思われます。
これでも一般的な瓦屋根、約60kg/㎡よりはかなり軽量です。

6.事前確認のポイント

屋根カバー工法 事前確認のポイント

カバー工法に向いていない屋根があります

日本瓦(陶器・セメント等)屋根はカバー工法に向いていません。
屋根材に厚みや波があるので、フラットな金属屋根材をしっかり固定することができません。

瓦棒屋根はカバー工法は理論上可能です。
しかし、屋根材と下地の固定を考慮した場合、ほとんどの現場では葺き替え工事をおすすめいたします。

屋根の劣化状況によっては、施工できない場合があります

屋根の下地が劣化していた場合、その部分を補修しなければならないからです。
また昔の下地材は水を含むと腐食の進行が非常に早い問題点もあり、屋根材や垂木、コンパネ(構造用合板)を張る際、
間違いなく釘が打てるかも大きなポイントになります。

7.おすすめしないケース

ガルバリウム鋼板屋根のメンテナンス
■屋根リフォームに掛けるご予算と時間にゆとりがあり、ロングスパンでの耐久性を追及するお客様
■建築後35年以上の住宅で、今ままでに塗装等のメンテナンスを一切実施していない場合
ただし、既存の野地板の劣化が比較的進行していない時はコロニアルの上から野地板の増し張りを行い補強してから軽量金属瓦を葺く事が可能です。
■建築後35年以上の住宅で、長期間にわたり雨漏りを放置していた場合
野地板の劣化が著しく進行して張替えの必要があります。あわせて垂木や軒桁、母屋等の構造材の補強が必要になります。

8.屋根カバー工法の流れ 工事方法

屋根カバー工法、重ね葺きの施工手順について、簡単にご紹介いたします。
詳細については別ページにてご紹介させていただいています。合わせてご覧ください。コロニアル カバー工法 施工の流れ

①足場をかけます

ご紹介はアパート集合中宅の屋根工事現場です。安全上、足場を取り付けます。
屋根カバー工法 足場工事

②既存のコロニアルに直接、防水シートを張ります

コロニアル屋根の上に直接、防水シート(改質ゴムアスファルトルーフィング)を張ります。
ただし、既存下地の劣化が進行している場合は、コロニアルの上に下地(構造用合板)を増し張りします。
カバー工法 防止シート張り

③屋根材本体を張ります

防水シートの上にガルバリウム鋼板を軒先から張ります。
カバー工法 本体張り増し

④完成です

ガルバリウム鋼板は耐久性、耐震性に優れているのでカバー工法を行う上で、最適な屋根材です。
定額屋根修理では屋根カバー工法の工事価格を明記していますのであわせてご確認ください。
屋根カバー工法工事価格はこちら
カバー工法 完成写真

9.メンテナンス

ガルバリウム鋼板屋根のメンテナンス
最も標準的に施工されているガルバリウム鋼板屋根素材の保障は塗膜10年・赤錆10年保障の商品が基本です。
グレードの高い商品では塗褪色20年保障の商品も販売されています。
メーカーではガルバリウム鋼板は10年ごとに再塗装をすることを推奨しています。
ただし、JFE鋼板の資料によると皮膜寿命は25年以上との報告もあります。

弊社でも、アフターサービスによりこれまで多く施工後の屋根を確認してきましたが、ガルバリウム鋼板はコロニアルに比べ、大きな変色、劣化はなく、再塗装の必要性が迫られているケースはごく僅かです。

メーカーによるカバー工法の耐久年数は屋根材にもよりますが20~25年程度と表記されています。
ガルバリウム鋼板製の材質であれば、弊社の実績による現場感覚では30年以上の耐久性があると考えています。

多くの建材メーカーに共通することですがリスクヘッジのため、アナウンスと実情は乖離しています。
コロニアル屋根も30年以上は実際に耐久性を保っています。

ガルバリウム鋼板の中には塗膜が強化された「フッ素樹脂の3層構成のタイプ」、完全メンテナンスフリー「自然石粒仕上げ」の商品があります。
ガルバリウム鋼板以外であれば、完全メンテナンスフリー「樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦 ルーガ」があります。
いずれも、お客様のご予算により、カバー工法に用いる屋根材のクオリティをお選びいただけます。

 

10.屋根カバー工法の費用 価格

定額屋根修理では屋根カバー工法で発生する工事金額を情報公開しています。
なぜなら、定額屋根修理は自社倉庫がある屋根修理専門の工事会社であり、工事品質と工事価格に自信があるからです。
屋根カバー工法の詳しい費用、工事価格はこちら

各工事項目 工事価格
1足場工事 750円
2改質ゴムアスファルトルーフィング 600円/㎡
3ガルバリウム鋼板(断熱材付一体型) 6,500円/㎡
4工事管理費 15,000円/日
5諸経費(搬入費・駐車場代) 必要時

インターネットで検索を行うと、カバー工法を紹介するホームページは多数あります。
どれも工事内容だけの紹介で完結しているページが多く、具体的な価格表記を避けているようです。
定額屋根修理は、自社のホームページで屋根修理価格をしっかり明示しています。
もちろん、使用する部材などを含めた工事内容、足場工事などの項目別単価もホームページで情報公開しています。
尚、価格表示は消費税を除いています。

 

11.定額屋根修理  事例一覧

弊社で施工させていただきました屋根カバー工法施工現場の一覧です。
もちろん、お客様のご予算、屋根劣化状況に合わせて適切なアドバイス、ご提案をさせていただきます。

屋根の修理 リフォーム 文京区 -定額屋根修理

屋根リフォーム 船橋市 -定額屋根修理

屋根の修理 リフォーム 武蔵野市 -定額屋根修理

屋根の修理 リフォーム 千葉県千葉市-定額屋根修理

屋根の修理 リフォーム 朝霞市 -定額屋根修理

神戸市の屋根修理、神戸市の屋根リフォームは定額屋根修理で

相模原市で屋根修理 屋根リフォームなら定額屋根修理で

屋根の修理 リフォーム 上尾市 -定額屋根修理

その他の屋根工事の流れ