【足立区】で雨漏り屋根の修理工事は定額屋根修理で

足立区で屋根修理、屋根のリフォームをお考えのお客様は定額屋根修理へご相談ください。定額制で屋根のリフォームをご提供いたします。外壁塗装や金属サイディング工事も承っております。

DATA
施工実施日 2017年6月
地域 東京都足立区
お施主様 T様邸
屋根工事種別 屋根修理と葺き替え工事(計2例)
足立区 屋根修理リフォーム

工事例1 足立区の屋根と外壁リフォーム

東京都足立区の屋根リフォーム工事を2件ご紹介します。
屋根カバー工法と外壁塗装を行った現場と、陶器瓦の葺き替え工事を行った現場です。
埼玉県川口市に定額屋根修理の工事センターがあります。
足立区は迅速な対応ができる地域です。
お見積もりは無料ですので、足立区でリフォーム工事をご検討中のお施主様は定額屋根修理に一度お問い合わせ下さい。

1.足立区 屋根リフォーム前 画像

足立区屋根修理東京都足立区で行った屋根と外壁工事をご紹介します。
既存の屋根は建築後約30年が過ぎたコロニアルです。
経年劣化が激しく、屋根は塗装リフォームができない状態です。
コロニアルの耐用年数が過ぎている場合は、「葺き替え」もしくは「カバー工法」によるリフォーム工事を行います。
今回は「カバー工法」によるリフォームを実施しました。
屋根カバー工法の詳細については屋根カバー工法(重ね葺き)がスタンダードになった【理由】をご確認ください。

↓

2.足立区  外壁塗装 リフォーム前画像

足立区外壁塗装屋根工事にあわせて外壁塗装工事のご注文もいただきました。
屋根工事は足場組立が伴うため、足場を共同利用して外壁塗装工事と組み合わせて行うと工事費がお得になります。
定額屋根修理の外壁塗装工事の詳細はこちら

↓

3.屋根カバー工法開始【タディスセルフ張り】

屋根カバー工法は定額屋根修理で今回は屋根工事を先に行いました。
屋根の工事内容はカバー工法です。
既存コロニアルの上に下葺材(ルーフィングシート)を直接張ります。
屋根工事で用いる下葺き材はアスファルトルーフィング(940)と呼ばれる下葺材が多用されています。
定額屋根修理では改質アスファルトルーフィングを使用します。
改質アスファルトルーフィングは耐久性に優れたシートです。
今回は田島ルーフィング株式会社の遅延粘着型下葺材「タディスセルフ」を使用しました。
緩勾配の屋根でも防水性能を発揮するルーフィングシートの中でも上位品質の製品です。
ルーフィングシートはたくさんの種類があります。
これから新築や改修で屋根工事をお控えの方は工事前に確認をしてください。
【その業者さんケチってませんか?】アスファルトルーフィングの種類【低品質から高品質】

↓

4.ガルバリウム鋼板屋根本体張り

ガルバリウム鋼板 金属屋根の施工ガルバリウム鋼板屋根本体を張ります。
合わせて雪止め金具を取り付けます。

↓

 

5.樹脂胴縁張り

樹脂胴縁棟板金の下地を取り付けました。
定額屋根修理では棟板金の下地にはハイブリッド下地を使用します。
ハイブリッド下地は樹脂とアルミが組み合わさった下地材です。
一般に棟下地は木材を使用しますが、木製下地は水に弱く腐食しやすい特徴があります。
樹脂製品は腐食せず、釘の保持力も高いため、より耐久性の高い棟に仕上がります。
なお、定額屋根修理の標準施工です。
価格表の単価に含まれています。
棟板金について詳しくはこちら

↓

6.下屋根 ガルバリウム鋼板張り

ガルバリウム鋼板屋根の工事会社大屋根(上階の屋根)の工事が終わり、下屋根の工事に移ります。
カバー工法で屋根を葺きます。

↓

7.足立区 屋根リフォーム工事完成

足立区屋根リフォーム完成屋根カバー工法によるリフォーム工事完成です。
見違えるように綺麗になりました。
これで屋根に対するストレスもなくなり、安心してお過ごしいただけます。

↓

8.足立区のリフォーム 外壁塗装

足立区外壁塗装外壁塗装工事開始です。
使用塗料は外壁塗料最大手のエスケー化研株式会社の「エスケープレミアム シリコン」です。
通常の外壁用シリコン塗料よりも3年耐久性が長い「18年」の耐久年数が認められています。
価格と耐久性のバランスが最も優れている塗料です。
もちろん、使用塗料はお客様のご予算やご希望に合わせて選択が可能です。

↓

9.戸袋塗装

戸袋塗装今回、戸袋塗装の工事も追加でいただきました。
塗装工事は、外壁だけでなく住宅の木部(破風板や軒天など)や鉄部(鉄扉やフェンスなど)でも行われています。
外壁以外に気になる部位があれば、合わせて塗装工事を行うことをおすすめします。

↓

AFTER

10.足立区 屋根修理と外壁塗装リフォーム工事 完成

足立区屋根修理 外壁塗装完成足立区の屋根と外壁のリフォーム工事が完成しました。
屋根の工事と合わせて外壁の工事を行うことは一石二鳥となりお得です。
定額屋根修理では屋根の工事に加え外壁塗装や金属サイディング工事、防水工事、各種エクステリア工事も請け負っています。

工事例2 足立区の屋根葺き替え工事例

足立区で屋根の葺き替え工事を行いました。
既存の屋根は陶器瓦で、谷を隔てて屋根が取り合っています。
約30年前に増築されたようです。
今回のリフォームでは両方の屋根を軽量金属屋根に葺き替えました。

1.足立区のリフォーム 葺き替え

足立区のリフォーム 葺き替え足立区にお住いのお施主様からお問い合わせをいただきました。
既存の屋根は陶器瓦です。
屋根と屋根の間には幅の広い谷どいがあります。
約30年前に増築されたようです。
谷どいは雨水が集中する部位であるため、雨漏りの原因になりやすい部位です。
しっかり板金を傾けて、雨仕舞処理をよくする必要があります。

↓

2.既存の陶器瓦

既存の陶器瓦陶器瓦屋根です。
建築後約45年が経過しています。
陶器瓦は耐久性がありますが、重く、細かなメンテナンスが必要な屋根です。
今回のリフォーム工事では陶器瓦を軽い金属製の屋根に葺き替えます。

↓

3.増築部の屋根

増築部の屋根増築部の屋根です。
約30年前に増築されたようです。
当たり前ですが、増築部の屋根と元々あった古い屋根では劣化状況が異なります。
それぞれの屋根の耐用年数に合わせてリフォームをすると、大きな出費になるため、まとめてリフォームすることをお勧めします。

↓

4.漆喰

漆喰陶器瓦の漆喰画像です。
漆喰も耐用年数があり、定期的なメンテナンスや詰め替えリフォームが必要になります。
金属屋根であれば、陶器瓦のような細かなメンテナンスが不要になります。

↓

5.谷どい板金の排水部分

谷どい板金の排水部分谷どい板金と雨どいの排水部分です。
谷どいから雨漏りが発生する理由はたくさんあります。
雨どいとの接合不良や雨どいに落ち葉などのごみが詰まった場合の雨水逆流などもそのひとつです。
谷どいの修理を伴う屋根のリフォームは雨どいの交換工事も同時に行うことをお勧めします。

↓

6.雨漏り部位の確認

雨漏り部位の確認雨漏り発生部位を天井裏から確認します。

↓

7.工事開始

工事開始工事契約を交わし、屋根の葺き替え工事を開始します。
既存の屋根瓦を剥がし撤去処分します。

↓

8.野地板増し張り

野地板増し張り野地板とは屋根下地材のことです。
既存の屋根下地材の上に、新しい野地板を重ねて張ります。
長年の荷重の影響で陶器瓦は屋根面が凸凹しています。
これで屋根面がフラットになり、金属屋根が葺ける状態が整います。

↓

9.下葺き材張り

下葺き材張り下葺き材を張ります。
下葺き材は雨漏りを防いでくれる重要な素材です。
十分な重ね代をとって、軒先から張り始めます。

↓

10.下葺き材張り完成

下葺き材張り完成下葺き材張り完成しました。
今回は既存の谷どい板金をそのまま残すことにしました。
メーカーの施工マニュアルでは既存の板金は撤去するように書かれています。
しかし、既存の板金を残存させることで板金が2重になります。
2重の層ができる結果、雨仕舞が効果的になる場合もあります。
(※施工マニュアルは参考マニュアルであるため実際の工事内容の詳細は屋根工事会社に裁量にゆだねられています。)
定額屋根修理では現場の状況に応じて適切に工事を進めます。

↓

11.軒先唐草取り付け

軒先唐草取り付け屋根の外側に軒先唐草を取り付けます。

↓

12.谷どい板金取り付け

谷どい板金取り付け谷どい板金を取り付けました。
新しい谷どい板金はガルバリウム鋼板製です。

↓

13.屋根本体張り

屋根本体張り屋根本体張りを開始します。
使用屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクトです。

↓

14.棟下地取り付け

棟下地取り付け棟下地を取り付け、棟板金を被せて屋根の工事が完了です。
定額屋根修理では樹脂製下地を使用します。
腐食がなく釘の保持力が高い優れた材質の下地材です。

↓

AFTER

15.足立区の屋根葺き替え工事 完成

足立区の屋根葺き替え工事 完成

足立区屋根修理
足立区の屋根葺き替え工事が完成しました。
今回は増築部と一体化させて屋根を葺いたので、屋根全域が同素材で仕上がっています。
これからは一元化して、屋根の管理ができます。
雨漏り屋根の葺き替え工事は定額屋根修理にお任せください。
その他 事例

足立区周辺で行った屋根リフォーム例

川口市 庇修理埼玉県川口市 屋根リフォーム工事
雨漏り庇の改修工事
埼玉県川口市のお客様からお問い合わせをいただきました。
工事のきっかけは庇板金からの雨漏りです。
現場は建築後45年が経過した戸建て住宅です。
庇は主に金属建材が用いられています。続きを読む
川口市屋根カバー工法埼玉県川口市 屋根カバー工法
ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法
定額屋根修理は埼玉県川口市に屋根資材と塗料、職人を管理する倉庫があります。
埼玉県内において、戸建て住宅や人口も多い川口市はさいたま市に次いでご相談が多い地域で、実績も数多くあります。
さいたま市の屋根修理事例はこちら
低価格・定額制で工事を行い、緊急時にも早急なご対応が可能です。続きを読む

足立区の屋根修理工事は定額屋根修理で

足立区で行った工事を二つご紹介しました。
定額屋根修理の「さいたま工事センター」は埼玉県川口市にあります。
工事センターでは屋根資材を大量に仕入れて管理しています。
川口市周辺の職人さんが毎日出入りしています。
足立区に居住している職人さんもいます。
足立区で雨漏り修理や外壁リフォーム工事は定額屋根修理にご相談ください。
お見積もりは無料で承っております。
川口市 定額屋根修理工事センター