屋根の修理 リフォーム 鎌倉市 -定額屋根修理

鎌倉市で屋根修理、屋根のリフォームをお考えのお客様は定額屋根修理へご相談ください。安心の定額制で屋根のリフォームをご提供いたします。

DATA
施工実施日 2016年3月
地域 神奈川県鎌倉市
お施主様 S様邸
屋根工事種別 コロニアルからルーガへの葺き替え
BEFORE

神奈川県鎌倉市 コロニアル屋根からルーガ屋根へのリフォーム

神奈川県鎌倉市で屋根の葺き替え工事のご注文をいただきました。
お客様はケイミュー株式会社の高耐久屋根材・ルーガ(ROOGA)の施工実績がある屋根専門工事会社をお探しでした。
既存屋根もケイミュー株式会社(旧パナソニック)のコロニアル屋根であり、同ブランドの屋根材の利用をご希望されていました。ケイミュー株式会社の屋根材は日本で圧倒的なシェアを誇る屋根材専門メーカーなので、品質力、供給力などにおいて安心感があります。
インターネットで、定額屋根修理がルーガショップであり、施工実績もあることから、現場調査、お見積もりを作成させていただきました。
最終的にお見積もり金額並びに工事内容にご納得いただき、工事のご契約をいただきました。

鎌倉市 屋根リフォーム 開始

鎌倉市 屋根改修工事神奈川県鎌倉市の現場屋根です。
既存の屋根はコロニアル屋根です。
実はこのコロニアル屋根、後で撤去画像をお示ししますが、2重に仕上げたコロニアル屋根でした。
つまり、コロニアル屋根の上に、同質のコロニアル屋根を重ねて張る、カバー工法で仕上げた屋根です。
通常、定額屋根修理ではコロニアル屋根を2重に重ねるカバー工法を施工することはありません。
屋根の耐久性が確保できないからです。
原則、カバー工法はコロニアル屋根の上に、ガルバリウム鋼板屋根材で重ね葺きいたします。

↓

鎌倉市  屋根葺き替え工事

屋根棟撤去 鎌倉市鎌倉市の屋根改修工事、開始です。
仕上げの屋根材はケイミュー株式会社の「ルーガ」です。
ルーガはコロニアル屋根のカバー工法専門の屋根材なので、通常、コロニアル屋根の上に重ね葺きいたします。
しかし、今回の現場屋根は既に重ね葺きをしている屋根であるため、屋根材の全面撤去が必要になります。
まず、棟の板金から取り外します。

↓

鎌倉市 コロニアル屋根カバー工法確認

鎌倉市 コロニアルカバー工法次に既存のコロニアルを撤去します。
既存のルーフィングシートの下に、初期に葺かれたコロニアル屋根が現れました。
コロニアル屋根材の上にコロニアル屋根材を張った様子が確認できます。
コロニアル屋根材は薄い素材で、十分な厚みがないため、下地材にしっかり固定されない場合、コロニアル屋根が強風でめくれてしまうことがあります。
屋根のカバー工法では、ガルバリウム鋼板やルーガなどを使用することをお勧めいたします。
詳しくは屋根カバー工法(重ね葺き)がスタンダードになった【理由】をご覧ください。

↓

鎌倉市 既存屋根撤去画像

鎌倉市 ルーフィングシート初期のコロニアル屋根材も含めて屋根材全てはがしました。
画像は初期のルーフィングシートです。
さすがに年月が経過しているのでボロボロです。

↓

鎌倉市 屋根断熱

屋根断熱既存の屋根下地をはがしました。
今度は屋根の断熱材が現れました。
断熱材の敷き詰め場所は、天井裏に断熱材を敷き詰める天井断熱が一般的です。
小屋裏を含めて断熱効果を求める場合は、屋根裏に断熱材を敷き詰める屋根断熱を導入します。
断熱材も経年劣化し、敷き詰め方が不全であると形が崩れてしまいます。
断熱材をしっかり敷き詰めなければ適切な小屋裏換気ができないので、今回のリフォームあわせて断熱材も敷き詰めなおします。

↓

鎌倉市 野地板張り

コンパネ 屋根下地合板を張り替えます。
少しでもフラットでない面があると、次第に屋根が歪みはじめ最終的には必要な部材を取り付けることができなくなります。

↓

鎌倉市 ノアガード張り

ノアガード 屋根ルーフィングシートを張ります。
屋根材と同じ販売元であるケイミュー株式会社の「ノアガード」を張ります。
ノアガードは高分子系ルーフィングシートに分類されます。
定額屋根修理で標準施工品に指定している、改質アスファルトルーフィングとほぼ同じ耐久性が認められています。
改質アスファルトルーフィングより1/3軽いので、ノアガードの方が高価です。

↓

鎌倉市 ルーガ本体張り

ルーガ屋根 ルーガ本体を張ります。
ルーガはケイミュー株式会社が販売している高品質・高耐久屋根材です。
コロニアル屋根材とは異なり、再塗装の必要もなく、割れや悲惨の恐れもないので、メンテナンス面で大変優れた屋根材です。
この屋根材が普及すると、私たちの仕事も無くなってしまう恐れがあります、、、、

↓

鎌倉市 棟板金

樹脂胴縁による屋根棟施工ルーガ取り付け後、棟板金を取り付けます。
棟板金に使用する下地は多くは木製です。
しかし、定額屋根修理は不朽しない樹脂製の下地を使用します。
価格は木製品より遥かに高価ですが、定額屋根修理の標準施工品です。
定額屋根修理価格表はこちら

↓

鎌倉市 出窓板金

庇板金出窓の庇部分をガルバリウム鋼板で板金加工いたしました。

↓

鎌倉市 庇板金

玄関屋根玄関の庇板金も新しく板金巻きました。
こちらも出窓同様、ガルバリウム鋼板で施工をしています。

↓

AFTER

鎌倉市 ルーガ屋根による葺き替え工事完了

ルーガ屋根完成 鎌倉市ルーガ屋根のリフォーム完成です。
ルーガでリフォームを行う場合、コロニアル屋根の上に重ね張りを行うケースがほとんどですが、今回の鎌倉市の屋根のように、既にカバー工法で屋根が2重になっている場合などは、既存の屋根材を全て撤去・処分し葺き替えすることが必要になります。
ルーガはとても品質の高い屋根材で、再塗装の必要もございません。
これからは屋根に関してストレスや余計な出費もなく、安心してお過ごしいただけるはずです。

 

その他 事例

鎌倉市近隣の屋根修理事例

屋根の修理 リフォーム 藤沢市 -定額屋根修理

横浜市の屋根修理事例

横浜市の雨どい交換・取替え -定額屋根修理 横浜

テラスハウス屋根 リフォーム 横浜市 -定額屋根修理

アパート屋根修理 リフォーム 横浜市 -定額屋根修理

定額屋根修理 横浜市 屋根リフォーム施工例一覧はこちら

POINT

屋根の修理は自社倉庫のある工事会社へ

定額屋根修理では雨漏り修理や屋根リフォーム費用を情報公開しています。
価格を公表している理由は、直接施工の会社なので工事金額と施工内容に自信があるからです。
一般に屋根の修理は直接仕入れ、直接工事を行う専門リフォーム会社に依頼することが最適です。
直接仕入れ、直接工事を行う会社であるかどうかは「自社倉庫の有無」で確認できます。
屋根の材料はとても大きく、十分なスペースが必要で、オフィスビルのテナントでは保管することなどは到底不可能だからです。
大量発注した屋根材のコストはお客様へ還元され、低価格、かつ屋根専門のプロ職人による高品質の工事が保障されます。
現在、インターネットの普及により、屋根のリフォームを請け負う会社は日に日に増加しています。
しかし、そのリフォーム会社の技術力や、バックボーンなどの透明性を確認することは困難なことです。
中には「安さ」や「安心感」をアピールするだけでなく、根拠もなく直接工事会社を装うホームページもあります。
直接施工や直接仕入れを主張している会社はグーグルマップなどのインターネットツールで会社の住所や倉庫の有無を確認しましょう。
できれば、グーグルマップのストリートビューで確認をすることをおすすめします。
グーグルマップで確認できない場所に所在地がある可能性があります。
判別が困難なケースもありますが、屋根資材置き場がない会社は直接施工をしていない会社です。
定額屋根修理は長年ハウスメーカーの下請け会社として、関東地方と関西地方を中心に屋根と壁の施工会社として工事を行ってきた実績のある会社です。
阪神大震災と東日本大震災をきっかけに、直接、お客様の屋根工事を承るようになりました。
もちろん、関東地方は埼玉県川口市、関西地方は大阪府堺市に、屋根材・外壁材を保管する倉庫がございます。
適切な工事価格と確かな工事技術で、お客様の屋根・外壁工事を請け負うパートナーになることをお約束いたします。
定額屋根修理 川口倉庫

鎌倉市の屋根リフォームは定額屋根修理で

定額屋根修理は東京都杉並区と埼玉県川口市に工事センターがある屋根修理専門会社です。

お客様と直接契約、直接施工で雨漏り修理、屋根修理を承っております。

鎌倉市はもちろん、早急なご対応が可能です。
近隣の横浜市、藤沢市、横須賀市などは多数施工実績がある地域です。

直接施工のプロがお客様のご自宅にご訪問いたしますので、屋根や壁に関するお悩みは全て当社で解決できます。

価格設定もシンプル、単純明快でお見積もりは完全無料です。
他社様との相見積もりも、是非お声かけください。

屋根修理専門業者である定額屋根修理が適切な工事価格、工事内容でお客様にご提案をさせていただきます。