中野区│空き家の雨漏り修理・外壁塗装リフォーム事例

中野区の空き家屋根リフォーム・雨漏り修理工事は定額屋根修理にお任せください。
屋根と外壁リフォームに精通した会社です。お見積りは無料、お気軽にお問い合わせください。

DATA
施工実施日 2017年2月
地域 東京都中野区
お施主様 K様邸
屋根工事種別 空き家の屋根と外壁リフォーム

中野区の空き家改修・雨漏り屋根修理工事

東京都中野区で戸建て空き家の改修工事に関するご相談をいただきました。
相続された方からのご相談です。
現状は空き家です。
建築後50年近くが経過しており、屋根や外壁が激しく劣化しています。
賃貸物件として改修するか、取り壊して更地にするか、そのまま放置するか、空き家の活用や管理が大きな社会問題になっています。
今回の事例のように改修工事を行って賃貸物件として資産活用することも選択のひとつです。
特に古い戸建て住宅では屋根の改修を行うかどうかがを真っ先に検討してください。
屋根の修繕費用は高額であり、早い段階でメンテナンスを行った方が費用や工期を抑えられます。
雨漏りが発生した家には住む人がいない上、住宅全体の耐久性が著しく損なうことになります。
空き家を改修して賃貸物件として活用したいお客様は、屋根の現状確認と合わせて改修費用も把握するようにしましょう。
定額屋根修理では空き家の屋根や外壁改修工事も承っております。
お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

中野区空き家雨漏り修理

1.空き家改修 中野区

空き家改修 中野区東京都中野区に戸建て住宅を所有するオーナー様からご相談いただきました。
現状は空き家で、建築後約50年が経過しています。
約25年前に増築したようで、増築部の内装と外装は比較的良好な状態です。
しかし、古い方の建物は激しく劣化しています。
そのような背景があり、今回は全面的に外装リフォーム工事を行い、戸建て住宅の賃貸物件として活用することになりました。

↓

2.屋根工事開始

屋根と外壁工事開始お見積り書を提出し、オーナー様か工事の発注をいただきました。
屋根と外壁のリフォーム工事を開始します。
基本的に屋根と外壁工事は屋根工事から始めます。
ゴミや汚れ、ホコリなどが飛散するからです。

↓

3.既存屋根撤去・立平

既存屋根撤去・立平既存屋根は大屋根が日本瓦屋根で、下屋根が瓦棒でした。
大屋根、下屋根共に立平屋根に葺き替えました。

↓

4.立平屋根

立平屋根立平はガルバリウム鋼板(金属)だけでできた屋根材です。
施工性がとても良い屋根材で、大屋根は1日で葺くことができました。

↓

5.屋根工事完成

屋根工事完成屋根工事完成しました。
定額屋根修理は金属屋根工事を専業とする会社です。
立平葺きを行う職人の工事技術は最高品質です。

↓

6.外壁工事着工前 現場確認

外壁工事着工前 現場確認外壁の塗装工事に移ります。
板張りの外壁で、塗装が剥がれ、傷んでいます。

↓

7.窓枠

窓枠窓枠も木材が使用されています。
現在は防火上の理由や材木価格の高騰もあり、外装材に木枠はほとんど用いられません。

↓

8.勝手口

勝手口です。
木が生い茂り、出入りができない状態です。
樹木の伐採、処分も行います。

↓

9.雨どい

雨どい雨どいです。
大きく傾ていいます。
既存雨どいは撤去して新しい雨どいに取り換えます。

↓

10.外壁工事開始 既存外壁材撤去

外壁工事開始 既存外壁材撤去外壁工事開始です。
既存の外壁材を撤去しました。

↓

11.ラスカット張り

ラスカット張りラスカットと呼ばれる外壁下地材を張ります。
防火や防水、強度、工期短縮に優れたモルタル仕上げの外壁におすすめの下地材です。

↓

12.塗装工事開始

塗装工事開始塗装工事を開始します。
増築部は状態が良好であったため、通常の塗装工事を行いました。
画像は下塗りの様子です。
木部は見分けやすくするため、赤で塗りました。

↓

13.外壁塗装と軒天塗装

外壁塗装と軒天塗装外壁と軒天塗装します。

↓

14.庇・破風板・軒天・戸袋・その他木部塗装

庇・破風板・軒天・戸袋・その他木部塗装庇や破風板などの木部も塗装を行いました。
塗装工事は外壁の壁面だけではなく、木部や鉄部など質の異なる塗料を使い分ける必要があります。

↓

AFTER

18.中野区の屋根と外壁リフォーム 完成

中野区の屋根と外壁リフォーム 
中野区の屋根と外壁リフォーム 
中野区の屋根と外壁リフォーム 
中野区の屋根と外壁リフォーム工事完成です。
見違えるように綺麗になりました。
これで新しい借り手のが見つかるはずです。
空き家の改修工事は定額屋根修理にお任せください。
POINT

屋根と外壁工事は定額屋根修理で

中野区の屋根葺き替えと外壁塗装工事をご紹介しました。
今回の事例のように屋根葺き替え(もしくはカバー工法)と外壁塗装の同時リフォームを希望されるお客様が増えています。
お客様のニーズにお応えするため弊社では屋根だけではなく、外壁塗装も承っています。
屋根には足場組立が必要です。
割高な足場組立費を外壁塗装工事と合わせて行うことで費用対効果が高まります。
インターネット上では外壁塗装の工事会社が数え切れないほどあります。
外壁工事を主としながら屋根葺き替えやカバー工法を請け負う会社もたくさんあります。
一方、弊社のような屋根工事を主としながら外壁塗装工事を請け負う会社はほとんどありません。
屋根工事会社を運営するには巨大な倉庫が必要であり、塗装工事と兼業で行うことが難しいからです。

塗装会社は屋根塗装の需要もあるため、塗装ができない場合は金属屋根工事会社に仕事を振り分けします。
その場合、お客様の目に見えない仲介手数料が発生するはずです。
しかし、屋根と外壁では屋根工事の方が費用負担のウェートが高いです。
そのため、外壁塗装工事の会社に屋根工事を同時依頼することは工事費が高くなる傾向があります。

塗装工事を主とする会社と定額屋根修理の見積り金額を比べてください。
お客様が安心できる工事価格と適切な診断で、定額屋根修理は屋根と外壁工事のご提案を約束します。

屋根と外壁工事は定額屋根修理

空き家の雨漏り改修・リフォーム工事は定額屋根修理で

将来的に空き家のまま所有者様が管理することは困難になる見通しです。

今回の事例のように、空き家を全面改修して賃貸運営することも一つの有効的な選択です。
しかし、激しく劣化した戸建て住宅の改修に対して前向きな判断ができないことも事実です。
屋根の工事はいくらかかるのか?
どの位の目安でメンテナスが必要か?
工事会社は信頼できるのか?
たくさんの疑問や不安が募ります。
屋根や外壁に関する問題は定額屋根修理が解決いたします。

外装の専門家として、適切な工事方法をご提案し、定額&低額のリフォーム工事をご提供いたします。
お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

川崎市のアパート屋根葺き替え工事は定額屋根修理で