杉並区|雨漏り修理業者による施工例-【定額屋根修理】

杉並区にある雨漏り修理・雨漏り診断・原因調査を行う屋根リフォーム専門業者です。
杉並区で行った雨漏り屋根の改修工事をご紹介します。ります。

DATA
施工実施日 2016年1月
地域 東京都杉並区
お施主様 Y様邸
屋根工事種別 ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法

杉並区で雨漏り修理業者をお探しのお客様は定額屋根修理で

東京都杉並区にお住まいのお客様から屋根のリフォーム工事に関するご相談を受けました。
既存の屋根材はコロニアルです。
建築後、30年が経過した屋根です。
屋根表面は塗膜剥離を起こし、屋根基材は湿潤状態に至っています。

定額屋根修理は雨漏り診断し、雨漏り改修工事を得意とする会社です。
杉並区高円寺に本社があります。
杉並区は早急な対応ができる地域です。
雨漏りでお困りのお客様は弊社に一度、お問い合わせください。

杉並区の雨漏り修理業者

1.現場調査 杉並区

現場調査 杉並区東京都杉並区ののお客様から雨漏り改修工事に関するご相談をいただきました。
既存の屋根はコロニアルです。
建築後、約30年が経過した屋根です。
屋根表面の塗膜剥離しており、剥離した部分は雨水を吸っています。

↓

2.下葺き材張り

下葺き材張り下葺き材を張りました。
下葺き材は屋根本体の下に張る、ルーフィングシート(防水シート)のことです。
屋根瓦には隙間が必ずあります。
強い風を伴った豪雨時には屋根瓦の隙間から雨水が入り込みます。
入り込んだ雨水を防いでくれるのがルーフィングシートです。
下葺き材は改質アスファルトルーフィングシートを用います。
改質アスファルトルーフィングの耐久性能は約20年です。
最も用いられている下葺き材と比べ、2倍以上の耐久性があります。

↓

3.下葺き材重ね張り

下葺き材重ね張り下葺き材を2重にして張りました。
下葺き材は重ねて張るだけで、防水効果が高まります。
今回のように雨漏りが生じている現場では、棟部などには下葺き材を2重にして張ります。

↓

4.谷樋板金取り付け

谷樋板金取り付け谷樋板金を取り付けます。
谷樋板金まわりは雨水が漏れやすいため、精巧に工事を進めます。

↓

5.屋根本体張り開始

屋根本体張り開始屋根本体張りを開始します。
本体張りに合わせて雪止め金具も取り付けます。
雪止めは千鳥(ジグザグ)に取り付けます。

↓

6.スーパーガルテクト

スーパーガルテクト使用する屋根材はスーパーガルバリウム鋼板です。
アイジー工業の「スーパーガルテクト」です。
従来品に比べ、耐久性や耐錆性が向上し、基本的な保証期間が5年延長されました。
金属屋根の品質や保証期間はメーカーにより異なります。
金属屋根のリフォームを検討されている読者の方は、「素材」・「保証期間」・「塗料・塗膜」・「断熱材の品質」を比較検討してください。

↓

AFTER

7.杉並区の雨漏り修理 屋根工事 完成

杉並区の雨漏り修理 屋根工事 完成
東京都杉並区の雨漏り修理工事、完成です。
定額屋根修理施工実績が多い、カバー工法でリフォームしました。
コロニアル屋根のリフォームは金属屋根材を用いるの工事がスタンダードになっています。
金属屋根によるリフォーム工事会社は定額屋根修理にお任せください。定額屋根修理は東京都杉並区高円寺に本社があります。
杉並区にお住まいのお施主様や賃貸物件を管理しているオーナー様、不動産会社様から、たくさんのご相談をいただいています。
弊社の営業所で応接することもできます。
ご訪問による打ち合わせをご希望のお客様は事前にお問い合わせください。

杉並区の雨漏り修理・屋根修繕工事は定額屋根修理で

定額屋根修理のホームページをご覧いただきありがとうございます。

雨漏りが発生したコロニアル屋根の改修工事をご紹介しました。
今回はカバー工法のご紹介でしたが、弊社では日本瓦から金属瓦への葺き替えや瓦棒の葺き替え工事も数多く施工しています。

定額屋根修理はお客様と直接契約・直接工事を標語にして、外装工事全般を請け負っています。
定額屋根修理は屋根の改修工事が中心になったホームページですが、外壁塗装や外壁サイディング、ベランダ防水、エクステリア工事も承っています。
また、杉並区は弊社の本社があるため、施工実績が特に多い地域です。
戸建て住宅はもちろん、アパートやマンションの屋根工事も幅広く承っております。
屋根や外壁に関する身近なパートナー(専門家)として修理からメンテナンス管理を徹底し、お施主様の不安を解消します。
工事のお見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

屋根と外壁リフォームは定額屋根修理で