取手市の屋根リフォームなら定額屋根修理

取手市で雨漏り屋根の修理、屋根のリフォームをお考えのお客様は定額屋根修理へご相談ください。安心の定額制で屋根のリフォームをご提供いたします。

DATA
施工実施日 2013年7月
地域 茨城県取手市
お施主様 K様邸
屋根工事種別 日本瓦からガルバリウム鋼板屋根の施工
BEFORE

茨城県取手市 屋根のリフォーム 施工前

取手市でお客様のご依頼を受け、屋根のリフォームをいたしました。
取手市は昔ながらの日本瓦の家屋が多い地域です。
東日本大震災の影響もあり、日本瓦から軽量金属屋根瓦への葺き替え工事のご依頼が増加しています。
今回のお施主様も耐震性の向上を目的に屋根リフォームのご判断をいただきました。
取手市を含む茨城県南部は弊社でも施工実績が多い地域です。
お見積りは無料です。
屋根の葺き替えやカバー工法などをご検討のお客様はお気軽に定額屋根趣里にお問い合わせください。

取手市の屋根リフォームは定額屋根修理で

取手 屋根現場 施工前 取手市で行った屋根の葺き替え工事です。取手市は昔ながらの家屋が多く、瓦の屋根が現場は築40年のセメント瓦です。セメント瓦は塗装によるメンテナンス方法がありますが、耐震性やランニングコストの観点から弊社では葺き替え工事をおススメいたします。

base-icon-arrow-bottom01

野地板撤去 既存の屋根を撤去しました。画像は既存の野地板です。昔の建築物で使用されていた幅の細い板で、「ばら板」と呼ばれています。

base-icon-arrow-bottom01

コンパネ 現在ではこのような構造用合板が主流です。屋根本体も該当しますが、防水性能の面から下地材はできるだけ大きい一枚ものが良いとされています。
また、小さな下地材より大きな下地材の方が施工スピードも変わります。
当然、耐久性も40年前のものよりも改善されています。
尚、定額屋根修理が利用する構造用合板は日本農林規格 (JAS) の適合している、ホルムアルデヒドが全く発生しない構造用合板を利用します。

base-icon-arrow-bottom01

ゴムアスファルトルーフィング ルーフィングの敷き込みです。軒先から張っていきます。余談ですが、あるお客様の雨漏りをリフォームさせていただいた際、このルーフィングシートを逆から張っていた現場がありました。完全の素人による施工現場です。屋根専門で事業を営んでいる工務店や瓦屋さんに必ず施工は依頼するようにしてください。

base-icon-arrow-bottom01

屋根 本体張り 画像 最後にガルバリウム鋼鈑の屋根材を張っていきます。雪止めも今回は使用いたします。

base-icon-arrow-bottom01

AFTER

茨城県取手市 屋根のリフォーム 施工後

取手屋根 完成写真 茨城県取手市の屋根リフォーム工事完成です。屋根は軽量金属成型瓦です。屋根の重さは10分の1になりました。大地震による被害を抑えることが期待できます。

取手市の屋根修理は定額屋根修理で

定額屋根修理のホームページをご覧いただきありがとうございます。
茨城県取手市を含む、茨城県南部は比較的弊社の施工実績が多い地域です。
つくば市や常総市、守谷市などの施工実績は多数ございます。


お見積もりやご相談はもちろん無料です。
もちろん、他社様との相見積もりも大歓迎です。
お気軽に、お気軽に定額屋根修理へお問い合わせください。