品川区の屋根修理、品川区の屋根リフォーム-定額屋根修理

品川区で雨漏り屋根の修理、屋根のリフォームをお考えのお客様は定額屋根修理へご相談ください。
安心の定額制で屋根のリフォームをご提供いたします。

DATA
施工実施日 2016年8月
地域 東京都品川区
お施主様 S様邸
屋根工事種別 ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法

品川区の雨漏り修理 屋根リフォームは定額屋根修理で

定額屋根修理で施工した東京都品川区の屋根リフォーム事例をご紹介いたします。
屋根の工事内容は弊社で最も施工実績がある、ガルバリウム鋼板屋根材へのカバー工法です。
既存の屋根材はコロニアルです。
コロニアルのリフォーム工事会社をお探しのお客様は定額屋根修理にお問い合わせください。

品川区の屋根工事 雨漏り修理

品川区のお客様から屋根リフォーム工事のご相談をいただきました

品川区のお客様から屋根リフォーム工事のご相談をいただきました東京都品川区のお客様からお問い合わせをいただき、既存屋根の現場調査をさせていただきました。
既存の屋根はコロニアルです。
建築後25年が経過し、これまではノーメンテナンスです。
建築後20年以上経過したコロニアル屋根は、「葺き替え」もしくは「カバー工法」でリフォームします。
塗装のリフォームはあまりオススメいたしません。
20年経過したコロニアル屋根本体の基材が損傷していることがほとんどで、塗膜剥離がしやすいためです。

↓

既存屋根の状態を確認

既存屋根の状態を確認既存屋根材び状態を写真に収めました。
経年劣化が進行しており、屋根材の基材にまで雨水が湿潤しています。
塗装が剥げ落ち、苔が屋根中に発生しています。
屋根の寿命が来ており、リフォーム工事を要する状態です。

↓

既存屋根の上に新しい下地を重ね張り

既存屋根の上に新しい下地を重ね張り既存屋根の劣化や損傷が激しい場合は画像のように、既存屋根材の上に下地(構造用合板)を直張り致します。
屋根をフラットにすることが目的です。
屋根が劣化により、屋根面の歪みや反りを解消する必要があります。
また、新しい下地を張ることで十分な保持力を確保することができます。
建築後20年を経過したコロニアル屋根は、新しい下地を張るケースが多いです。
定額屋根修理では既存の屋根面が下地として機能するかどうか、簡易的に調べる工具や本格的に調べる機械などもご用意しています。

↓

雨漏りが発生しやすい部位はルーフィングシートを重ねて張る

ルーフィングシートを重ねて張る新しい下地張りの完成後、ルーフィングシートを張ります。
棟部位などは雨漏りが発生しやすい部位です。
漏りが発生しやすい部位はルーフィンフシートを2重にすることで、雨漏りのリスクを低減させます。
定額屋根修理が使用するルーフィングシートは耐久性の高い「改質ルーフィングシート」を使用します。

↓

夫婦で作業をする職人さんもいます

夫婦で作業をする職人さんもいます定額屋根修理では、20代から経歴40年を超えるベテランまで様々な職人さんが在籍しています。
中には夫婦で屋根に上って作業をする職人さんもいます。
8月の炎天下の中、屋根の上で作業をしている30代の奥様です。
旦那様のサポートをしています。
もちろん、屋根の作業を行う責任者は最低でも10年の経験を積んでいます。
定額屋根修理の屋根職人さんの腕は非常に優秀です。
安心して屋根の工事をお任せください。

↓

金属板金張り

金属板金張り今回の品川区の現場では板金張りを必要とする部位がありました。
板金加工は定額屋根修理が最も得意とする工事です。
現場でお客様の屋根にピッタリ合った板金を製作します。
板金の素材は屋根材と同様、ガルバリウム鋼板です。
約10年前までの金属板金に使用されていた素材はトタン(亜鉛めっき鋼板)でした。
トタンは錆が発生しやすく耐久性に乏しい弱点がありましたが、ガルバリウム鋼板が誕生して多くの点でトタンの弱点が改善されています。
現在では、ガルバリウム鋼板は屋根材だけではなく外壁材としてもその有用性が認められています。

↓

ガルバリウム鋼板屋根本体張り

ガルバリウム鋼板屋根本体張りガルバリウム鋼板屋根材を張ります。
今回使用した商品は、アイジー工業株式会社の「スーパーガルテクト」です。
従来の「ガルテクト」と比べ耐久性に優れた製品で、基本の保証期間も10年から15年に延長されています。
定額屋根修理では、ガルバリウム鋼板により屋根のリフォームをご検討されているお客様には「スーパーガルテクト」を第一選択としておススメいたしています。
スーパーガルテクトの詳細についてはこちらをご覧ください

↓

棟板金の取り付け

棟板金の取り付け棟板金を取り付けます。
寄棟の三又になった部位は板金を突き合わせて、コーキング処理をいたします。
とても綺麗に仕上がっています。

↓

仮設足場を取り外して工事完成

仮設足場を取り外して工事完成最後に仮設足場を取り外して、屋根の工事が完了になります。
今回の工事は着工から完成までの工事日は6日でした。

↓

AFTER

品川区 屋根リフォーム工事 完成

品川区 屋根リフォーム工事 完成品川区のコロニアルカバー工法による屋根リフォーム工事完成です。
最後にお施主様とご一緒にお写真を失礼いたしました。
品川区でコロニアル屋根のカバー工法を行う業者をお探しのお客様は、定額屋根修理に一度お問い合わせ下さい。
安心の定額制で、お客様のご希望にあわせた雨漏り修理、屋根リフォーム工事をご提案させていただきます。
その他 事例

品川区 近隣の屋根修理事例

港区屋根修理東京都港区 屋根修理事例
ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法
大東京都港区で屋根のカバー工法によるリフォーム工事をご注文いただきました。
お客様はグーグルなどの検索サイトで、東京の屋根リフォーム会社を検索されたようです。
お客様からお電話でご相談を受け、翌日、現場調査にお伺いさせていただきました。
弊社は本社と営業所が東京都の杉並区にあるため、東京23区の屋根工事は迅速なご対応が可能です。
今回の港区のお客様の屋根も、突風で棟板金が飛散してしまい、応急処置をさせていただいた上で翌日に見積りを作成させていただきました。続きを読む
POINT

屋根の修理は自社倉庫のある工事会社へ

定額屋根修理では屋根リフォームに発生する費用を情報公開しています。
価格を公表している理由は、直接施工の工事会社なので、工事金額と施工内容に自信があるからです。
現代はインターネットなどの情報環境が発達したこともあり、お客様自身が直接、屋根工事会社を選定する時代になっています。
もちろん、屋根リフォームは直接仕入れ、直接工事を行う工事会社に依頼することが理想です。

直接仕入れ、直接工事を行う会社であるかどうかは「自社倉庫の有無」で判断できます。
屋根の材料はとても大きく、十分なスペースが必要で、オフィスビルのテナントでは保管することなどは到底不可能だからです。
大量発注した屋根材のコストはお客様へ還元され、低価格、かつ屋根専門のプロ職人による高品質の工事が保証されます。

一方、屋根のリフォームを請け負う会社はとてもたくさんあります。
しかし、そのリフォーム会社の技術力や、バックボーンなどの透明性を確認することは困難なことです。
中には「安さ」や「安心感」をアピールするだけでなく、根拠もなく直接工事会社を装う会社もあるかもしれません。

できれば、直接施工や直接仕入れを主張している会社はグーグルマップなどのインターネットツールで会社の住所や倉庫の有無を確認しましょう。

定額屋根修理は長年ハウスメーカーの下請け会社として、関東地方と関西地方を中心に屋根と壁の施工会社として工事を行ってきた実績のある会社です。
阪神大震災と東日本大震災をきっかけに、直接、お客様の屋根工事を承るようになりました。
もちろん、関東地方は埼玉県川口市や千葉県市川市、関西地方では大阪府堺市に、屋根材・外壁材を保管する倉庫がございます。
適切な工事価格と確かな工事技術で、お客様の屋根・外壁工事を請け負うパートナーになることをお約束いたします。

定額屋根修理 川口倉庫

 

最後に

お見積りは無料です。屋根のリフォーム工事は定額屋根修理で。

定額屋根修理のホームページをご覧いただきありがとうございます。

品川区の屋根工事事例を紹介させていただきました。
今回、お施主様とは屋根工事の契約に至るまで、100%メールでのやりとりだけでした。
定額屋根修理では電話だけでなく、メールでのお問い合わせも可能です。
メールによるお問い合わせフォームはこちら
メールによるお問い合わせは、ご回答までに一定のお時間を頂戴しますが、24時間365日体制で承っております。

定額屋根修理の他社様にない強みは、直接施工会社による完全定額制の工事を行うことです。
完全定額制であるため、メールのみでご提出させていただきました概算見積りの金額と実際の工事金額では大きなかい離がほとんどありません。

他社様の見積りやお写真、建築図面、おおよその屋根面積などがあれば概算見積りを作成することができます。
もちろん、見積り作成は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。