渋谷区の屋根修理、渋谷区の屋根リフォームは「定額屋根修理」にお任せください

渋谷区の雨漏り修理、屋根リフォームはは定額屋根修理にお問合わせください。
安心の定額制でお客様の屋根をリフォームいたします。

DATA
施工実施日 2016年4月
地域 東京都渋谷区
お施主様 O様邸
屋根工事種別 瓦棒嵩上げ 雨漏り修理
BEFORE

定額屋根修理による渋谷区の屋根リフォーム事例

東京都渋谷区のお客様から、瓦棒屋根のリフォーム工事をご注文をいただきました。
現場はアパート・集合住宅の屋根で、谷樋(屋根と屋根が取り合い)部分で雨漏りが発生していました。
渋谷区や新宿区などを中心とした一人暮らし向けの賃貸住宅が多い地域では近年、雨漏りによる修理のご相談が増加しています。
定額屋根修理ではアパート屋根のリフォーム実績も多数ございます。
不動産会社様やオーナー様で、雨漏りに関してお困りのことがあれば、定額屋根修理に一度ご相談ください。

渋谷区の屋根リフォーム 施工前

渋谷区瓦棒 屋根修理前東京都渋谷区で賃貸住宅を運営しているお客様から雨漏りのご相談をいただきました。
きっかけはインターネットによる検索です。
Googleの検索サイトから弊社を探し出していただき、お見積もり依頼をいただきました。
詳細なお見積もりを作成するため、雨漏り部分の確認と合わせて、現場調査させていただきました。
屋根と屋根が取り合う凹んだ板金部位を「谷樋板金」と呼びます。
この谷樋板金は最も雨漏りが生じやすい部位のひとつです。
今回の現場でも、谷樋の「横幅が広い」、「勾配がほとんどない」など、雨が漏れる条件を満たしています。
2月に雪が降った時に、特に雨漏りの被害が大きかったようです。
雪が谷樋部分に積り、溶けた雪水が屋根の内部に浸水したことが考えられます。

矢印

既存瓦棒撤去

ルーフィングシートの劣化建築後30年以上で、雨漏りが発生している屋根は下地の腐食が進行しているケースがほとんどです。
つまり、既存の屋根下地を再利用することはできません。
今回の現場のように、既存の屋根を剥がして、下地をしっかりと利用できるように修繕します。
実際に、雨漏り発生個所の瓦棒トタンを剥がしました。
雨水を最終的に防ぐ、ルーフィングシート(画像では黒いシート)は跡形もなくボロボロになっています。
本来であれば、下地側に張り付くシートも、トタンの裏側に張り付いています。
トタンの錆も目立ちます。

矢印

谷樋浸水部

谷樋板金腐食屋根の工事はもちろん、晴れている日に行います。
瓦棒を剥がすと、屋根の谷樋部分の構造がわかります。
谷樋は勾配がなく、水はけの悪い作りになっていました。
水が溜まって、トタンの錆が進行しているのがわかります。

矢印

瓦棒撤去完了

既存瓦棒撤去瓦棒屋根のトタン部分を撤去いたしました。
すきっりしました。

矢印

嵩上げ

屋根の嵩上げ今回の渋谷区の現場は谷樋の横幅を狭める必要がありました。
谷樋の排水能力を向上させるためです。
しかし、既存の屋根構造のままでは谷樋の横幅を狭めることができません。
この場合、二つ連なった屋根のうち、片方の屋根の勾配(角度)を変えることが最善策になります。
そのためには既存の屋根の上に、もう一つ屋根を作ります。
業界用語で「嵩上げ」と呼びます。
屋根のリフォームでも、かなり珍しいリフォーム方法です。
当然、高い屋根工事の専門技術が求められます。

矢印

野地板張り

野地板張り野地板と呼ばれる屋根の下地を張ります。
9mm厚の物と12mm厚の物が一般的に多く使用されています。
定額屋根修理では12mm厚を標準施工としています。
厚みのある合板であるほど、耐久性能が高いです。

矢印

ルーフィングシート張り

下葺き材施工屋根の下葺き材、ルーフィングシートを張ります。
既存のルフィーングシートはボロボロになり、屋根本体に張り付いていました。
30年以上昔のルーフィングシートは性能が良いものでも5年程度で防水性能が衰えます。
近年は、科学技術が発達し、10年以上経過していも耐久性能が維持できる製品が販売されています。
定額屋根修理では、「改質アスファルトルーフィング」と呼ばれる耐久性能の高いルーフィングシートを標準施工品として採用しています。

矢印

瓦棒板金(ガルバリウム鋼板)

瓦棒屋根本体の施工屋根本体にあたる瓦棒を張ります。
瓦棒屋根本体はお客様の現場ごとに板金職人が製作します。
つまり、瓦棒屋根はオーダーメードで施工されます。
フレキシブルな施工ができるメリットがある一方、職人個人個人に高い技術が求められます。

矢印

瓦棒屋根板金 完成

渋谷区 瓦棒板金屋根渋谷区の瓦棒屋根完成です。
ガルバリウム鋼板材で屋根は仕上がっています。
既存屋根はトタンでした。
トタンは、水に弱く錆びやすく、定期的な再塗装が必要な素材です。
ガルバリウム鋼板はトタンに比べて、錆びにくく、塗装が長持ちする素材です。
このように、高性能の屋根素材も登場しています。
もし、トタンの屋根でリフォームをご検討の方は、必ずガルバリウム鋼板材で修繕するよう屋根工事会社に依頼しましょう。

矢印

AFTER

渋谷区 雨漏り屋根の修理工事

渋谷区の屋根修理 リフォーム事例東京都渋谷区のアパート屋根修繕工事完了です。
谷樋周りの雨仕舞処理、排水処理の能力は間違いなく改善しました。
これで、豪雨や豪雪時に雨が漏れることはありません。
安心して、アパートの居住者様もお過ごしいただけるはずです。
定額屋根修理はお客様と直接契約、直接工事の屋根専門工事会社です。
定額屋根修理では東京と大阪を中心にたくさんの屋根修理専門の職人が所属しています。
今後も起こりうる震災や台風、異常気象、緊急時のトラブルなど、屋根や外壁に関する不安は弊社が即座に解消し、お客様のパートナーとして継続的に保守、管理、サポートいたします。
その他 事例

渋谷区近隣の屋根修理事例

中野区屋根修理事例東京都中野区 屋根修理事例
東京都中野区でお客様のご依頼を受け、屋根のリフォームをいたしました。
当社の営業所が杉並区にあるため、地震や台風などの万が一の時に迅速に駆けつけられる当社にご依頼いただきました。当社は杉並区の高円寺に営業所があるので中野区全域の雨漏り、瓦の飛散などは早急なご対応が可能です。
続きを読む
目黒区 屋根修理事例東京都目黒区 屋根修理事例
ガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法
東京都目黒区で屋根の修理・リフォームのご注文をいただきました。
ご注文いただいたきっかけは当社のホームページの検索です。
既存屋根はコロニアル屋根で、色あせが目立ちはじめ屋根塗装と屋根のカバー工法によるリフォームをご検討されていました。
今後起こりうる再塗装のランニングコストを考慮した結果、メンテナンスフリー(再塗装の必要のない)屋根材で屋根をカバーするリフォームを最終的ご採択いただきました。
コロニアル屋根のカバー工法はガルバリウム鋼板を多く用いられますが、再塗装の必要がない特別加工された屋根材のご用意もあります。続きを読む
新宿区 屋根修理事例東京都新宿区 屋根修理事例
ドーマー付き屋根のリフォーム
新宿区でお客様のご依頼を受け、屋根のリフォームをいたしました。
今回は築30年を超えるご自宅の屋根で雨漏りが発生し、すぐ直して欲しいとご要望をいただき、リフォームを開始しました。
杉並区の高円寺に営業所があるので、新宿区、中野区の戸建て住宅、アパート、マンションのオーナー様、不動産会社様からもたくさんお問い合わせいただいております。続きを読む

渋谷区の屋根リフォームは『定額屋根修理』で

定額屋根修理は東京都杉並区に営業所のある屋根修理専門会社です。

隣の区にあたる渋谷区ではたくさんの工事実績がございます。

もちろん、渋谷区は全域、早急なご対応が可能です。

埼玉県の川口市に工事センターをもち、直お客様と接契約、直接施工で屋根リフォームを承っております。

専門は外装工事全般になるので、屋根のリフォームあわせた外壁塗装工事や防水工事などの施工も可能です。

直接施工のプロがお客様のご自宅にご訪問いたしますので、屋根や壁に関するお悩みは全て当社で解決できます。

価格設定もシンプル、単純明快なのが定額屋根修理の特徴です。

他社様との相見積もりも是非、お声かけください。