神戸 屋根修理 リフォーム
目次

1.神戸市の屋根事情
2.屋根リフォームは金属屋根(板金)の工事会社で
3.自社倉庫のある工事会社がポイント
4.弊社の神戸市における屋根リフォーム実績
5.耐震診断と耐震補強の助成金
6.神戸市の雨漏り修理・葺き替えリフォームは定額屋修理で

神戸市にお住まいのお客様からの雨漏り修理やメンテナンスのご相談が増加しています。
神戸市の人口は年々増加傾向にあり、全国で第5番目に多い市です。
定額屋根修理ではお施主様の屋根や外壁のリフォーム工事を直接工事で承っております。
神戸市の屋根工事は全域対応です。
地震や台風、雨漏り等のご不安を解消するため、外装工事の専門家として継続的に弊社はサポートいたします。

 

1.神戸市の屋根事情

1-1.震災前の屋根と葺き替え

阪神・淡路大震災は戸建て住宅の屋根が見直されるきっかけになりました。
屋根の重さと地震における建物倒壊の関連性は深く、新築や改修では重い屋根(陶器瓦)の使用が避けられています。
耐震改修の助成を神戸市は積極的に行っています。
しかし、震災を免れた重い陶器瓦で葺かれた屋根は神戸市内でもまだたくさんあります。
特に「土+陶器瓦」で構成さている「土葺き屋根」は早期の葺き替え改修工事をおすすめします。

「土葺き屋根」は「湿式工法屋根」とも呼ばれます。
天災大国である日本は台風による屋根瓦の飛散防止が重視されていました。
屋根瓦を土で抑え込む湿式工法を用いることで屋根瓦の安定性を確保していました。
しかし、この工法で葺かれることは現代ではありません。
地震による屋根の重さの悪影響の方が重視されるようになったからです。
関東地区では湿式工法の屋根が軒並み関東大震災で壊滅したため、見かけることはほとんどなく、乾式工法で葺かれています。

一般に戸建て住宅の葺き替えリフォームでは軽量金属屋根(ガルバリウム鋼板)を用います。
屋根軽量化の関心は年々高まっていますが、関西地区では日本瓦屋根の需要は依然として高い水準を維持しています。
関西地区は歴史文化が強い地域であり、瓦屋根に対する思い入れをもつ人がたくさんいるからです。
このような背景があるため、金属屋根瓦やスレート屋根瓦の中には日本瓦をかたどった製品が販売されています。
特に意匠が備わったケイミュー株式会社の「ルーガ 雅」が人気です。
販売開始から10年が経過し実績も積み重ね、機能性が専門家やお施主様からも認めらています。
弊社でもお勧めしたい屋根材のひとつです。

屋根と葺き替えルーガ 屋根 ケイミュー

1-2.震災後の屋根と重ね葺き(カバー工法)

震災後、神戸市で新築された住宅の多くは軽量スレート瓦(コロニアル)です。
コロニアルの耐用年数は約30年です。
建築後10年目と20年目には塗装によるメンテナンスが望まれます。
震災後新築されたコロニアルの耐用年数が近づいていることもあり、神戸市内にお住まいのお客様から弊社宛のご相談が増えています。
コロニアルに関する詳細情報はこちら

コロニアルのメンテナンス方法は「塗装」「重ね葺き」「葺き替え」の3つがあります。
繰り返し行う再塗装は出費が嵩むため、耐用年数が近づいたタイミングで重ね葺きによる1回のメンテナンスを選択する方が増えています。
重ね葺きでは金属屋根(ガルバリウム鋼板)を用います。

もちろん、金属屋根の重ね葺きを行う工事会社の選定も重要です。

重ね葺き(カバー工法)

2.屋根リフォームは金属屋根(板金)の工事会社で

屋根の工事は大きく3つの分野があり、工事会社も分けられます。
一つ目は、日本瓦葺き屋根工事会社です。
日本瓦(陶器瓦・磁器瓦・粘土瓦)製の瓦の扱いを得意とする会社や職人です。
日本瓦への葺き替えや葺き直し、その他漆喰詰め替え工事は日本瓦葺きの屋根工事会社に依頼してください。
日本瓦の工事会社が加盟する組合に「全日本瓦工業連盟」があります。
古くからある権威のある組合あり、神戸市に在籍する会社や職人も確認できます。

二つ目は、軽量スレート瓦(コロニアル)屋根工事会社です。
コロニアル屋根は主に新築の戸建て住宅で用いられています。
そのため、新築の屋根工事を得意としています。
これから新築の戸建て住宅のコロニアル屋根を葺く機会のある方は軽量スレート瓦(コロニアル)屋根工事会社をお探しください。

三つ目は、金属屋根(板金)の工事会社です。
金属屋根は主にリフォームの戸建て住宅で用いられています。
主な工事内容は日本瓦からの葺き替えやコロニアルの重ね葺き(カバー工法)です。
金属屋根の工事では日本瓦葺きやコロニアル葺きとは全く異なる道具を用います。
職人も異なります。
ガルバリウム鋼板と呼ばれる素材を用いるのが一般的です。
ガルバリウム屋根について詳しくはこちら
国土交通省が認める建設業は「屋根工事業」と「板金工事業」が明確に分類されています。
しばしば「日本瓦葺き」「コロニアル葺き」「金属屋根葺き」はまとめて「屋根工事業」として解説されています。
しかし、昔から「金属屋根葺き」は板金工事業を専門とする「板金工」が主に行っている業務です。

最近は日本瓦葺きや新築住宅の着工数が減り、「日本瓦葺き」「コロニアル葺き」の会社(職人)が「金属屋根葺き」を請け負うケースが目立ち始めています。
神戸市内の屋根工事業者も「日本瓦葺き」と「金属屋根葺き」の両方を請け負う会社がたくさんあります。
多くの会社は仲介手数料を目的にして板工事業の会社に仕事を紹介していまが、中には自ら金属屋根葺きを行う会社も存在します。
ただし、工事品質は担保されないため、そのような会社に工事を依頼することは危険です。

金属屋根のリフォーム工事は専門会社に依頼してください。
お施主様には4つのメリットが確保できます。
1.適切なリフォーム工事の提案を受けることができる。
2.金属屋根だけに特化しているため工事技術や工事管理は高レベルである。雨漏りは当然改善する。
3.同質かつ大量の屋根材を取り扱いしている上、工事日数も短い(工事技術が高い)ため低価格である。
4.間に仲介会社が存在しないので万が一のトラブルがあっても材料を持ち運んで駆けつけることができる。

屋根リフォームは金属屋根(板金)の工事会社で

3.自社倉庫のある工事会社がポイント

インターネット上で屋根工事を請け負う会社はたくさんあります。
根拠もなく直接工事であることや金属屋根の工事を得意であるかのようにアピールする会社もあるはずです。
あらゆる手段で集客が試みられているため、各ホームページのバックグラウンドを見極めることが大切です。
例えば、駅前のオフィスビル上階にある会社は直接工事を行うことができないことや、日本瓦の葺き替えと金属屋根への葺き替えの両方を工事することはできないことがあげられます。

定額屋根修理は大阪府堺市に営業所と自社倉庫(工事センター)があります。
屋根材や外壁材と板金職人を管理しています。
屋根建材はとても大きなサイズであるため、材料発注業務を継続するには倉庫が必要です。
お客様と直接工事を行う会社は倉庫の有無が前提条件になります。
また、大量の屋根材を発注することで屋根工事価格を抑えることが可能となります。
その工事価格に自信があるからこそ弊社では屋根工事価格を提示しています。

定額屋根修理は金属屋根の工事を中心に行う会社です。
その他ルーガやコロニアル葺き工事も行っています。
ただし、需要面からでもこれらの工事は少ないため全体90%が金属屋根の工事です。
金属屋根に特化した会社であるため定額屋根修理の金属屋根工事技術は一流です。
日本瓦葺き工事や葺き直し工事は一切行っておりません。

ホームページ閲覧者の方に厳正な判断をいただくため、情報をできる弊社では限りオープンにいたします。

金属屋根の専門工事会社

4.弊社の神戸市における屋根リフォーム実績

4-1.定額屋根修理のリフォーム実績数

定額屋根修理で施工した屋根リフォームの施工例の一部をご紹介いたします。
弊社で施工した神戸市の戸建て住宅屋根修理件数は2017年現在、388件(アパート集合住宅含む)です。

神戸市垂水区、須磨区、長田区、兵庫区、中央区、灘区、東灘区、北区、西区全て施工実績がございます。

 

4-2.神戸市屋根リフォーム施工例

神戸市の屋根修理、神戸市の屋根リフォームは定額屋根修理で

屋根の修理 リフォーム 神戸市 -定額屋根修理

兵庫県神戸市の屋根リフォームなら定額屋根修理

神戸市で屋根葺き替え工事は『定額屋根修理』で

神戸市北区の庇改修・雨漏り修理工事例

4-3.神戸市近隣の屋根リフォーム施工例

屋根の修理 リフォーム 宝塚市 -定額屋根修理

西宮市で屋根のリフォームなら定額屋根修理で

 

5.耐震診断と耐震補強の助成金

5-1.神戸市の耐震事業(ひょうご住まいの耐震化促進事業)

神戸市では兵庫県全体で統一さされた耐震事業(ひょうご住まいの耐震化促進事業)による助成金の給付をしています。
2015年4月から開始したサービスです。
兵庫県全域での助成金制度ですが神戸市のみは市単独で「受付」「交付決定」「補助金の支払い手続き」を行っています。
リフォーム補助金について詳しくはこちら

給付の申請方法、条件、内容、金額等につきましては神戸市ホームページもしくは建築総務課、建築指導課にご確認ください。
神戸市耐震事業ホームページ
神戸市 住宅都市局 建築指導部 耐震推進課
〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所2号館5階
電話:078-322-6608

ひょうご住まいの耐震化促進事業ホームページ
県土整備部住宅建築局建築指導課
電話:078-362-4340

 

5-2.対象の屋根

耐震補強の助成は昭和56年6月1日(建築基準法改正)以前の屋根の軽量化が対象となります。
屋根の軽量化とは日本瓦を金属瓦に葺き替えることです。
g454wwww6wwe33157

5-3.助成金を受ける際のポイント

助成金を受けるには「耐震診断」「設計・監理契約」「工事契約」の3つのステップがあります。
一般的な流れは神戸市から紹介された診断士(建築士)に「耐震診断」「設計・監理」を依頼します。「
「工事契約」は工事会社と別契約になります。
工事会社を診断士から紹介されるケースがありますが、オススメですきません。
「設計・監理契約」と「工事契約」は分けて考えてください。
工事金額が適正であるか分別するために、工事会社の選定には最低2社以上から見積もりを取るようにしましょう。
診断士による紹介は工事料金のマージン上乗せになりやすく、業界の慣習(常識)です。

神戸市屋根修理

6.神戸市の雨漏り修理・葺き替えリフォームは定額屋修理で

6-1.定額屋根修理の強み

・「完全定額制」屋根の修理価格を定額明記しています。

・「完全責任施行」お見積り後に追加料金をご請求しません。

・「直接契約&直接工事」リフォーム工事価格は低価格です。

・「金属外装の専門工事」。金属に特化した会社なので工事技術は高品質です。

・「自社倉庫あり」見積りも工事もトラブルも速やかに対応します。

・「スマートな営業スタイル」見積りを提出したら速やかに退出します。

 

6-2.定額屋根修理のリフォーム内容

カバー工法/葺き替え工事/屋根・外壁塗装工事/板金工事/雨とい工事アパート集合住宅屋根リフォーム