瓦棒屋根工事の流れ 瓦棒屋根修理の方法

瓦棒屋根の工事流れ修理方法

瓦棒屋根の葺き替え工事の流れについてご案内させていただきます。

瓦棒屋根施工前

既存の瓦棒です。経年劣化が進行し、錆び、塗料の剥げ、歪みが確認できます。

ご挨拶

屋根の葺き替えを始める前に、まずは近隣のお宅へ着工前のご挨拶をいたします。
屋根の工事は「粉塵の飛散」、 「騒音」が伴います。
ご挨拶とおおよその工事期間などをご説明させていただきます。
できればお客様と当社の職人が一緒にご挨拶に行くと効果的です。
最近は、近所づきあいが薄くなってきており、後でトラブルになると大変ですので着工前には必ずお声かけをいたします。

↓

足場工事

安全に作業するための足場を組み立てます。
お客様から「足場工事が必要でしょうか?」とよくお尋ねされますが、高所の作業では、足場は作業を安全に行うために必要なだけでなく、 工事の品質、スピード効率を保つために必要なものです。
無足場での高所作業は安全確保の義務違反に当たり法律でも禁じられています。
建設業における労働災害発生状況で死亡発生原因の1位が墜落事故です。
急な地震や突風でケガや命に関わることがあれば、お客様に大きな迷惑がかかります。
お客様の利益も守るためにも必要な工事です。

↓

既存の瓦棒を撤去

瓦棒屋根下地撤去
瓦棒の修繕に関して、既存の瓦棒の上から瓦棒を増し張りする、カバー工法で施工はできないか、よくお客様からお尋ねいただきます。
実際施工は可能で当社でも数現場、経験がございます。
しかし、あまりお勧めできません。
なぜなら、瓦棒の既存垂木上に直接下地を増し張りいたしますが、屋根修繕が必要なっている瓦棒の垂木の多くは劣化が激しく、下地を張っても台風や強風などではがれてしまう恐れがあるからです。
瓦棒のリフォームにおいては、瓦棒のカバー工法より葺き替え工事をおすすめいたしております。

↓

下地増し張り

下地増し張り

下地を増し張りします。もともとの下地(野地板)は長きにわたって重さに耐えているため、傷みが出ている場合が多いです。
今回は傷みが少ないので補修し、 上に新しい合板を重ね張りします。
定額屋根修理は低ホルムアルデヒドのF4☆☆☆☆合板を使用します。
※F4☆☆☆☆(フォースター)とは
建築基準法では、シックハウス症候群の主な原因のひとつとされるホルムアルデヒドを放散する建材について、面積あたりの発散速度(量)により4つの等級に分類されています。F4☆☆☆☆(フォースター)は、ホルムアルデヒドの発散が最も少なく、 使用面積の制限が設けられていない等級です。

腐食の進んだ既存下地
上の画像は腐食が進行した下地画像です。このような状態では下地を増し張りすることができません。既存の下地を全面撤去し、新しい下地に張り替えます。

↓

防水シート(断熱シート)

ゴムアスファルトルーフィング

防水シートを張ります。雨漏りの主要な原因はこの防水シートの破れです。
万が一、瓦の隙間から雨が入り込んで来ても、ゴムアスファルト材でできたシートを敷きつめることで、建物を水から守ります。(影の実力者です)
遮音や断熱効果を高めるため、別途料金で断熱シートを敷いて施工をすることもございます。

↓

垂木の取り付け

瓦棒屋根垂木

瓦棒の「棒」にあたる部材である「垂木(心木)」を455mm間隔で取り付けます。垂木を取り付けた後、板金を張ります。

↓

板金張り付け

瓦棒屋根板金

垂木と垂木の間に1枚の板金を立ち上げ(折り曲げ)て被せ、固定させます。20年以上の昔の瓦棒は亜鉛合板が主流でしたが、現在はガルバリウム鋼板で葺き替えます。

↓

棟板金取り付け

CIMG3607

棟の部分も同様に棟板を取り付け後、ガルバリウム鋼板の板を現場で加工し被せます。

↓

雪止め

瓦棒屋根 雪止め

雪止めを取り付けます。雪止めはお客様任意になります。

↓

瓦棒屋根完成

瓦棒屋根 完成写真

新しく生まれ変わった瓦棒屋根です。瓦棒屋根は勾配の緩い屋根でも施工が可能です。

定額屋根修理のメンテナンスとアフターサービス

■製品保証について

定額屋根修理では、お客様にご安心していただけるようしっかりとした保証体制でその品質をサポートしています。
屋根葺き替え工事に使用する製品は、製造メーカーの10年(スーパーガルテクトは15年)もしくは20年保証でお客様に安心をお届けしています。

■アフターサービス

定額屋根修理ではアフターサービスとして、施工一年後の屋根の無料点検を実施いたします。
これからもずっと変わらぬ安心をご提供できるよう、スタッフ一同、一生懸命努力し工事をしていきたいと思います。

 

その他の屋根工事の流れ